奈良山友会 山行の記録

北アルプス
島々から徳本峠へのクラシックルート
霞沢岳

2013726日〜28


<メンバー>
L.
山の家 SL.山遊亭軟弱
点の記、pike、なべちゃん、リンリン、ピース

<コース・コースタイム>

<726> 21:00 郡山三の丸会館前集合 21:15出発

<727> 08:30 島々−10:30二俣−13:00岩魚留小屋−16:30徳本峠小屋(テント泊)

<7月28> 03:45 徳本峠小屋テン場−8:25霞沢岳−12:45徳本峠小屋テン場−16:10上高地バスセンター


先日行われた沢の講習会、その二次会で今回の山行の参加メンバーの方々から霞沢の話を聞いて、
そして声を掛けて頂いて・・・そりゃ、北アルプスと聞けば、一度は登ってみたい気持ちはありますが
はじめてのアルプスはじめてのテント泊、やっぱり腰が引けます。

通常の私なら酒の勢いで「参加します!」となるのですが、それもできずに・・・散々迷いました。

そして二日後覚悟を決めての参加表明。けれど本当に登れるんやろか?大丈夫なんやろか?という思いは消えず、
そんな思いを抱えたまま金曜日の夜出発しました。

道中、駒ケ根で仮眠です。これから登る霞沢岳への緊張で眠れません。
ウトウトする間もなく、翌朝登山口である島々へ向けて出発です。

 

<727>

8:30支度を整えて島々を本日のテン場である徳本峠へと歩きだします。

川沿いを歩く緩やかないい道であります。川の流れと木々の緑でマイナスイオン全開、心が洗われます。
寝不足のからだが癒されます。何時間でも平気で歩いていられる本当にいい道であります。
二俣から道は左に折れて山道に入ります。

 
 

川を交互に何回か渡りながら岩魚留小屋へと進みます。



岩魚留小屋で、わたくしピース、繋がっているはずもない水道の蛇口で水を入れようとして大ボケを演じたのち、再び歩き出します。

 

しばらくは、まだ緩やかな道だったのですが中ノ沢を過ぎたあたりから高度を上げていきます。地図で見た通りです。
これから急坂の道が現れます。つづら折りの道が続きます。一気に標高をかせぎます。
つづら折りは心も折れるのであります。

ザックの重さが肩にきます。痛いです。島々を出た時から、ザックの負荷は苦しかったのですが、ここにきてピークです。
三歩進んでは止まり、三歩進んでは止まり・・・時間が止まったような感覚であります。
徳本峠あと1qの標識に心が折れながらも歩きます。

徳本峠にたどり着いた時には、ヘナヘナと倒れ込むような・・・足元ふらふらでありました。

登ったあとのお楽しみは、何といってもメンバーとの食事であります。
山の家L.の山ご飯、本当に美味しかったです。魚肉ソーセージを使ったミネストローネ、意外な組み合わせに驚きながらも絶品でした。
お酒もすすみます。楽しい宴であります。この日は、前日の寝不足と疲れとで早々に眠ってしまいました。
(いびきがうるさくてごめんなさい。リンリンm(_ _)m


<7月28>

早朝というにはまだ暗闇の3時過ぎ、起床。霞沢岳へのピークハントです。



今回の山行のメインルートでもあります。ヘッドライトを着けての出発です。
暗闇の中をヘッドライトを頼りに歩きます。少しずつ夜が明けるのを肌で感じます。

ジャンクションピークで朝日を拝み(ご来光)、もう感動しまくりであります。

前日の重いザックと違い、荷物を最小限にまとめたサブザックで歩きます。



なんと身の軽いことか!身も心も軽くなると、調子に乗って鼻歌などもうたいます。
pikeさん、お聞き苦しいことですみませんm(_ _)m
鼻歌だけならまだしも、そのあと駄じゃれが続きます。「向こうに見えるは焼岳、仕事帰りに呑むはヤケ酒」
pikeさん、たびたびすみませんm(__)m


霞沢岳で記念写真をパチリ!

調子に乗りすぎたか、後半折り返しで疲れました。一気にペースダウンであります。
行動水も尽き果てました。

 
 
  


もうあと少しかな?と心の中でつぶやいた頃、先を歩く点の記さんの「向こうに見えるあのオレンジ色の物は何や?」。



しばらくして再び点の記さんの「あれはテントや」の声に、まだあんなとこまで歩かなあかんの?とこれまたつぶやいて・・・
一気に心が折れました。昨日から何本折れたことでしょう。折れたままの状態でようやくテン場に到着。

さあ、ここからラストスパートであります。ひたすら上高地へ向けて下ります。

なべちゃんと、上高地に着いたらかき氷を食べましょうと話しながら下ります。口はもうかき氷の宇治金時であります。

 

 

1600すぎ上高地に無事に到着、そして1645発のバスにて島々へと戻ります。

バスの走行距離・乗車時間を考えると、改めてこの山行の歩行行程・歩行距離の凄さを感じます。
今回、ご一緒させて頂いた軟弱さんは3回も登られたとか・・・本当に頭が下がります。

奈良に辿り着いた頃には、もう日付が変わっておりました。

 はじめての北アルプスはじめてのテント泊、何から何まではじめて尽くしではありましたが、
山の家Lはじめ皆さんのおかげで楽しい山行となりました。

本当にありがとうございました。

 
文:ピ−ス 写真:pike・点の記


〜 アクシデント 〜
軟弱さんのブーツはフランケン状態に


ミヤマカラスアゲハ(夏型)