奈良山友会 山行の記録
 
里山シリーズ第三弾
伊那佐山・井足岳
(入 会希望者お試し山行も兼ねて)

2013年6月23日(日)
 
 
<メンバー>
L.ミサちゃん、SL.ヨーちゃん、SL.トレモロ、SL.点の記
pu-san、miichan、えみーる、もっちゃん、きこちゃ ん、タンタン、サカちゃん、

入会希望者3人
 
<コースタイム>
9:00 近鉄榛原駅集合→ 9:11 バス発→ 9:20 比布バス停 → 9:50伊那佐文化センター出発
10:05 大貝集落→ 10:50 沢城出ノ丸跡 → 11:45伊那佐山(頂上にて昼食) →
12:15 伊那佐山発 →13:05 三角点 478.9m → 13:30 井足山 → 14:30 船尾集落 → 14:45 近鉄榛原駅解散
 


点の記 の 入会勧誘 大作戦〜♪
 
今年度の奈良山友会の通年の会行事 は、里山シリーズと言う事で早くも第三弾を迎える…
しかしいったいこれ第何弾まである んや?…今頃何言うてんねん!と殴られそう(+_+)

今回は、入会希望者女性3人のお試し山行と言う事で、
先般の室内例会で事務局長より『あ んた、どうせ暇やろ! 参加して入会希望者のお世話をして!』と命令に近い口調で言われ、
親にも怒られた事の無い私は、二つ 返事で承諾したのは言うまでもない。
 
集合場所の榛原駅では、 miichanから何故だかニンニク数個が入ったビ ニール袋が全員に配られた。
会員のJAさんの気遣いらしいが、山行スタイ ル同様意味不明…でも有難く頂きましたよ〜(^^)

…次回はもうちょっと気の利いた物 にしてねぇ〜…ということで一日ガーリック・イン・ザ・ザック、
間違いなく山中でドラキュラには襲 われない事を確認できた。
 


 
好例のジャンケン大会では、私が パーであとの人全員がチョキというなんとなく談合の匂いを感じるが?
…被害妄想か!…というわけで頑 張って書きます(泣)
 
入会希望者3名は全身買ったばかりの山用品に包 まれている!…総額いくらかかったのか?…
これだけ投資して山を嫌いになった らどうしよう?…用具のピカピカさが無言のプレッシャーを私に掛ける。
 
以前、別ルートで踏破した事がある とはいえ記憶は曖昧。
今回は大貝の集落から沢城出ノ丸跡 (なんかの城跡?らしいのだが、私的にはなんの興味もなし…
高山右近云々と言うより二日酔いの ウコンの方がリアルだ…ゴメンナサイ)に立ち寄り、
そのまま抜けると思いきや、リー ダーの『元来た道を戻りまぁ〜す!』という号令で頑張って登ってきた道を下る。

文袮麻呂墓を指す道標を通り越し1/25,000の地図に記載のある谷筋のルートま で下るも現地に踏み跡らしきもの無し…
なるほどねぇ〜!今日は読図しろ よって事なんやねぇ〜とここにきて理解する。
そしてまた標高差50mを登り返す。

このあたりで本日の湿度の高さと、 ルート確認に標高差50mを一往復半費やしたため、汗が一 気に噴き出し、
入会希望者の顔にも疲れが見えはじ める。はたして入会希望者3名はこの山行をどう感じているのか 少々不安になる…
それと同時に入会しなかった場合の 事務局長の引きつった顔が脳裏をかすめる(怖)
 

 
ほどなく伊那佐山の山頂に到着し て…と書きたいのだがここにきてアクシデント発生。
山頂の神社まであと石の階段が数段 という所で入会希望者1名の足がこむら返りでつる!
…ヤバイ!何故だか、また事務局長 の顔が浮かぶ!!
会員から市販薬を渡されて呑み、症 状が緩和されて一安心…薬有難う、もっちゃんに感謝!!

山頂での昼食(炭水化物祭り♪)が 終了する頃雨足が強くなり、レインウェアや傘を出す人が現れる。
さぁ、ここから次は井足岳へと向か うわけであるが、ここまでで全行程の半分程度を消化しただけなのだ。
ふと見ると入会希望者3名の顏には既にお疲れの色が、『こ こから、あと半分頑張りましょうね!』と喉まで出 かかったが、
またまた事務局長の顔が浮かび私は 貝になった…入会希望者の3名ゴメンナサイね、まだ半分しか来 てなかったのですぅ〜
 

 
入会希望者も多少諦めが入ったの か、思い足を引きずり井足岳へ向かう。
あえて言えば、伊那佐山から井足岳 までは伊那佐山頂直下の林道横断箇所だけが分かりにくく、
林道横の法肩を登るとあとはコンパ スがあればなんとかなる。
 
そうこうしながら目的の井足岳に無 事到着。
ここで声を大にして、『ここから先 は下るだけですよ〜♪』と入会希望者に説明(喜)
 

 
途中、地籍図根三角点(4等以上の三角点を使って作った市町 村管理の国土調査のための点)が設置してあり、
荷揚げを含む測量技師の苦労が偲ば れる。
 

 
井足岳からは、コースはそのまま榛 原駅方面と記載された小さな道標に導かれてひたすら下る。
しかし、ここにきてゴール手前で沢 を渡るという入会希望者にとっては最後の難関!
雨に濡れた丸木橋はヌルヌル! 沢 も水かさが増している!
参加会員もそれぞれ丸木橋を渡る者 あり、沢の飛び石を渡る者あり。
結局、入会希望者も丸木橋派と飛び 石派に分かれたようだ。
 
本日の山行レポートを依頼された私 は、入会希望者には『頑張って!無事に渡って!』と祈る半面、
現会員には本日のレポートのあまり にもネタの無さから、
筆者に協力する意味を込めて『誰か ドボンせ〜よ!』と密かに願ったのは当然の権利だと思う(^^)
 

 
幸か不幸か悪運が強いのか、全員無 事にゴールに到着♪…お疲れ様でした<m(__)m>


榛原駅では福寿館でも、うなぎ屋で もなくリーズナブルなたこ焼き屋での反省会も奈良山友会らしい…中学生か!(^^)


あと、このレポートを書いている最 中に入会希望者から『入会しま〜す♪』との嬉しいメール連絡があったこともここに付け加えておこう!!
これもひとえに御参加下さった会員 の皆様の協力(いやいや俺様のおかげ!)があって、
無事、入会勧誘大作戦も終了といた します。ラジャー (^^)!
 
あぁ〜早く口頭で事務局長に『入会 しましたで〜姐さん!』と伝えたい〜ぃ


文:点の記、写真:トレモロ、点の 記