奈良山友会 山行の記録
 
月例会山行
蛇谷ケ峰

2013年4月14日(日)
 

 
<メンバー>
L.ウォンテッド SL.点の記 SL.サンキュー SL.pike
miichan、ころり、なべちゃん、クー、リギ、えみーる、キレイ、Teo、buhiko、ha-min、yokko、
wakabama-kun、もっちゃん、トレモロ、チョモランマ

<コースタイム> 
高の原7:15−朽木いきものふれあいの里9:30−かつらの谷−11:55 蛇谷ヶ峰(901.7m) 12:30−こもれびの道−
グリーンパーク思い出の森13:47−てんくう温泉15:00−高の原

 
予定通り高の原を出発して、京奈和道・阪神京都線・湖西線・R367を通って道の駅朽木新本陣に寄りました。
日曜朝市が開催されていて、地産の椎茸、こごみ、わさび、タラの芽などの山菜や
鯖すしやおこわ・かやく飯など試食付きで沢山の品物が売られていました。
昼御飯用やお土産に沢山の人が買い込みました。
 
そこからはバスで10分ほど走ると登山口のいきものふれあいの里です。
各自ストレッチを済ませて恒例の(山行レポートの執筆者を決める)じゃんけんの後出発です。
 
かつら谷の標識を見て歩き出したのに、間違っていたようで引き返して進みますが、痩せた道で危険な道です。
歩きやすい道に出た所で違う方から来た人と出くわしました。
どうやら私たちは間違った道から来たようでした。
そこから先は結構広い整備された道で、かつら谷に沿って登って行きます。
 
 
 
滝が数か所で見られます。
タムシバの白い花があちこちで見られ、まるで幻想の世界を醸し出しているようです。
 
 
 
カエデやリョウブなど新芽を出して淡い新緑で輝いています。
さすがかつら谷の名前通り、かつらの木もあちこちで見られます。


 
イワウチワの花が群生とは言えませんが、ちらほらと咲きだしています。
 
 
 
山頂に近くなると、一部分に雪の残った処がありました。
階段の多さに飽き飽きしながら登って行くと山頂に出ました。
山頂にはあちこちのコースから登ってこられた登山者が沢山いて、お昼時で賑わっていました。
 
記念撮影の後、こもれびの道を下って行きます。こちらも階段が多いです。
 

 
こもれびの道の名前通り、木々の間隔が広くて太陽が差し込んで気持ちの良い道です。
いつの間にか沢山の車が止まっているなと思ったら、てんくう温泉に着きました。
予定よりもずいぶん早く下りられたので、長い風呂タイムを取ってもらいゆっくりと出来ました。

帰りのバスは相変わらず賑やかなアルコールの入った反省会になりましたが、
渋滞もなく6時前に高の原に帰ってきました。

 
文・写真:クー 写真:pike、トレモロ、リギ