奈良山友会 山行の記録
 
京都西山
天 王 山

2013年3月12日(火)
 


<メンバー>
L.buhiko SL.Teo
クー、yokko、ウオンテッド、ころり、サンキュー、キレイ、リギ、えみーる
 
<コース>
9時45分阪急大山崎駅集合
天王山山頂をめざし、長岡天神を経由してサントリービール工場と山崎蒸溜所の社会見学
 

阪急大山崎駅で集合。途中、JR山崎駅で2人をピックアップ。
線路沿いに北へ向かい、すぐに急な坂道を登ると、程なく宝積寺に到着。

この日は晴天に恵まれ、暖かい日でした。衣服調整をし、
本堂右から山道へとジグザグした登り道を行くと、旗立展望台に着きました。

展望台からは、大文字山、山科の音羽山など京都の町が眺望できます。
展望台をあとにしばらく進むと、すぐに酒解神社にでました。
 


天王山山頂までは大山崎駅から一時間ほどです。木立に囲まれて展望はよくありません。



少し、休憩して楊谷寺を目指します。林道を進むと途中、分かれ道に出くわします。
地元の人のタケノコ道を避け、右側へと行きます。しばらく尾根を下ると舗装道路にでて、
暑さの中、その道を左へ登っていくと楊谷寺です。

楊谷寺は眼病にご利益があるといわれる千手千眼観音にお参りして「目が悪くなりませんように!」と祈りを捧げて、
少しの休憩の後、寺にある御神水も飲まずに、来た道をもどって行くと、弥勒十三仏に出会い、「合唱!」。
再び、道路をひたすら歩くと竹林帯に入ります。
 
 


竹林は、よく手入れされており芝生を敷いたようにふかふかです。
「さしみで食べれるようなタケノコが取れるんちゃう!やわらかやろな!」と思いながら町中へ出ます。
20分程で右側に長岡天神の鳥居が見えてきます。

 

長岡天神前に12時28分のサントリービール工場の送迎バスがきます。
それまで、きれいな梅を見ながら、香りを楽しみながらの昼食タイムです。
 


ビール工場の見学は一時間程度。ホップから製品になるまでの工程を見学後、20分試飲できます。
一人3杯までですが、できたてのビールは本当に美味でした。
ほろよい気分で次の、山崎蒸溜所へバスと電車を乗り継ぎ、急いで工場へ。



 

ここも見学後、試飲できます。樽から出したての12年もの山崎・白州のウイスキー。美味しかったです。



帰りの電車は、笑とほろ酔いでゴキゲンでした。


文・写真:buhiko 写真:クー、サンキュー、yokko