奈良山友会 山行の記録

蓬莱山
アイゼンワーク〜恐怖の埋雪体験〜

2012年12月23日(日)



<メンバー>
L.山の家 SL.山遊亭軟弱
porori、ウオンテッド、サンキュー、スノーマン、wakabama-kun、yokko、ころり

<コース・コースタイム>
湖西線 志賀駅下車−バス 9:02−ロープウェイ往復利用
(練習内容 ゲレンデの適地でアイゼンワーク・滑落停止の練習・昼食時ツェルトの張り方の練習・山林ワカン歩行練習)
帰りバス 15:15



昨日の雨とは大違いの訓練日和になりました。
山友会恒例のじゃんけん大会は今日はなし!
なぜかといいますと、原稿を出していないのは私だけ?
これも迫力のない話です。じゃんけんが楽しい〜のに!

集合は、湖西線ホームの立ち食いうどんコーナーということです。
きっとリーダーはうどんを食べているのではという予感が的中しました。

電車に乗るとリーダーから
@ピッケルとアイゼンを使って歩く
A雪の状態で攻め方も変わるラッセル
B耐風姿勢と滑落停止をきっちり覚える
C直登、斜登高、トラバース、方向転換、そして下降
の資料が配布されます。
着くまで読んでおくように最終テストがあるらしいです。

雪がないんと違う?と心配していましたが、
ロープウェイから降りるとさすが銀世界です。
若い方達が、スキー等で楽しんでいました。
ロープウェイ頂上駅で、厳冬に備えての冬装備をしてくださいと
山の家リーダーの掛け声で、各自準備をします。

しまった!ザックを大きいのに替えたのでスパッツを忘れてしまった。
滑落訓練は適当にしとこっと!

ロープウェイから降りてきた人達が、私達の様子を横目でみながら通り過ぎていきます。
アイゼンを履き、ピッケルを持ち、ワカンをザックにつけ、いざ出陣です。

 

雪が少ないので予定していたゲレンデは、リフトが動いていません。
リーダーは、やった!と喜んで、広い場所を独占して練習しましょうと張り切っています。
キャンプ場まで荷物を担いだり・降ろしたりしながら訓練します。

 

急斜面の直登、下降の歩き方、谷川の足をハの字にしながらゆっくり歩きます。
登り返しを何度かして急斜面歩行に慣れていきます。

急斜面は広い場所なので緊張し汗だくになりました。
衣服調節で着脱の繰り返しも大変ですが、
「今日は練習なので、ゆっくりでいいです」とリーダーのやさしいお言葉。
膝を曲げ、小股でゆっくり下っていきます。

SL.軟弱さん、ここでぐっとこらえて大股で歩かないようにと声がかかりますが、
膝が笑ってなかなかこらえることができず、つい小走りになってしまいます。
雪中にピッケルを思い突き刺し、アイゼン前爪2本で登る訓練もしました。
余計な所に力が入り、長い距離だったら足が疲れてたいへんだろうなぁと思いました。

ザックを担いで、滑落停止ができる場所をさがしながらキャンプ場に向かいます。
SL.が適当な場所を見つけまずは模範演技を見せてくれます。



湿った雪なのでなかなか滑らずとりあえず格好だけしました。
スパッツを忘れた私は靴に雪がはいるから1回だけにし、下から総監督をしました。



キャンプ場から少し下った所で、3班に分かれツェルトを張り昼食の準備をします。
今日はアイゼンをはいているのでツェルトの底の部分は外にだして雪で埋めます。
ピッケルとつないだりいい訓練になりました。ツェルトの中で昼食です。
お湯を沸かしてラーメン等をつくります。ツェルトの中はあったかい〜。
テントの中でのホットワインが美味しいと聞いたことがあるので、ワインを持っていきました。
L.が湯煎をしてくれ温かいワインを飲んで、至福の一時。
体も心もほっかほか〜!しあわせ〜!!このまま帰りたい。埋雪体験はいや!

 

 

でも今日のメインは埋雪体験。リーダーは許してくれません。
一人分入れるような穴を順番に掘ります。雪中の暗さや重さを考えると恐怖です。
最後になると何をされるかわからないので早い目に穴に入ることに決心しました。
息ができるように鼻のあたりに手でカバーをします。
最初の雪がどんとかかるとあっという間にみなさん雪を投げつけるかのようにかけます。
スコップでたたきつけている感じもしました。上から乗られているかのように重いです。
10〜15p位の雪しか上に乗っていませんが身動きできません。
でも上から呼んでいる声はよく聞こえました。



動いてみるように言われましたが、1oも動くことはできません。
少し掘ってもらったらやっと足が動いたり、お尻を持ち上げたりできるようになりますが、
雪は非常に重いです。最後の方になると思っていたようにみんなで思い切り雪をかけたり、
スコップで叩いたり、上にのったりで、遊んでいるのか訓練なのかわかりません。
さすが、山友会です。訓練も楽しいです。

全員埋雪体験を経験したら撤収して、キャンプ場から森林の中をワカン歩行訓練をしました。
ワカンをしたまま滑落訓練もしました。
途中、崩れてる所があり、遠回りをしながらロープウェイ駅まで帰りました。

初めての埋雪体験は、いい勉強になりました。雪中は暗くて重くて不安で恐怖です。
どうすることもできないと痛感しました。雪崩に遭遇しないように祈るばかりです。

リーダー サブリーダー いい訓練、ありがとうございました。

参加者のみなさん、お世話になりました。楽しかったね〜。

以上、実況中継でした。


文・写真:ころり 写真:porori、yokko、サンキュー