奈良山友会 山行の記録

 比良
釈迦岳
― 雪少なくて、ちょっと残念でした ―

2012年1216 曇りのち晴
【当日の天気図】

<メンバー>
L.悠山 SL.点の記
ウオンテッド、クー、yokko、えみーる、miichan、サンキュー、JA、おくちゃん、ha-min

<コース・コースタイム>
JR京都駅二番ホーム集合8:00JR湖西線−8:50北小松駅9:00−楊梅の滝登山口(9:30)−涼峠(10:05)−ヤケ山(10:35)−
タンヤマノ頭(11:15)〜ヤケオ山(11:45)〜釈迦岳▲(12:20)昼食・休憩(12:50)〜リフト跡地〜イン谷口(14:15)14:45比良駅



12月16日は衆議院議員選挙の投票日。

偶然、衆議院解散のずっと前から決定していた月例会山行日と重なった。

前日に期日前投票を済ませ(宣誓書の理由は「訓練?」のため!)、

準備万端で臨んだ今回の山行であったが、前日ドタ参表明の報いか、このレポを書く破目になった。

 

天気図のように前夜雨を降らせた低気圧が本州東の海上へ移動し、

スタート地点となるJR湖西線北小松駅に降り立った時点では、やや風が強いと感じる朝であったが、

比良山岳センターを右手にみながらアスファルト道をたどり、「楊梅の滝」登山口に着く頃には、汗が流れ落ちる。

スタート時の気温はやや高め。当初の計画よりも集合時間を約一時間遅らせたこともあり、

下山時間を考慮した結果「楊梅の滝」見学はカットし、悠山Lを先頭にストレートに登山道へ入る。

しばらく上がったところにある滝見台四阿で、衣服調整と水分補給を兼ねて、雄滝とクライマーを見学。

 ここでJAさんから参加者全員に、いつものサプライズ プレゼント。

今回は奈良産ハウスイチゴでした。(初ものは何でもうまい!)


また、次の休憩ではクーさんのスイートポテトあり〜の、あとのヤケオ山では、miichanからの「平種干し柿」の差し入れあり〜の、

これらも絶品!!!(1個150円でも完売かも?奈良山友会の皆さま、ご両人が参加する山行はグルメファン垂涎でっせ〜)

 

ほどなくして「涼峠(すずみとうげ)」に到着。“ここから「寒風峠」までの道もええで〜”と、

自称「比良の帝王」がうんちくを語り始めるも、あえて耳を傾ける人あろうはずもなく、無視して先を急ごう!

 

ヤケ山が近づき稜線に出ると、冷たい北風が頬をさす。

寒冷前線が本州から離れていくにつれ、冬型気圧配置が強まってきているのか?

 
寒風吹きすさぶヤケ山では、体が冷えない内にと休憩もそこそこに再スタート。いったん下ってから、徐々に高度をあげていくと、

ヤケオ山北側斜面には、昨夜来の雨でかなり溶けて少なくなってはいるものの残雪が着いているのがわかる。

  

 参加者の足がそろっていたのか、または風が強くあまり長い休憩をとれなかったからなのか、

ここまで想定外の良いペースですすんできた。

  正午が近づくにつれ青空の割合が大きくなり、フジハゲあたりでは進路左手に、銀色に光り輝く琵琶湖が拡がる大展望。

日射しもきつくなってくる中、ぬかるんで滑りやすい急斜面をこなすと、まもなくだだっ広く木々に覆われた釈迦岳にたどり着いた。

思いのほか早い到着で、雪が少なかったこともあり、前回よりも約一時間早いコースタイムである。

2010年2月11日の記録はこちら 

 

釈迦山頂では、風も弱まってポカポカ陽気のもと、ゆっくりと昼食タイム。

雪に隠れた三等三角点(点名=北比良、標高=1,060.30m)を掘り出した後、いつもの集合写真撮影。

後はゆっくりとイン谷方面へ下るだけと思っていたら、あにはからんや!

サンキューさんをトップに、人参をぶら下げられた馬のごとく超特急で・・・


トイレ(大)ガマンしてんの?
★★
選挙に行かなあかんの?
★★★
アワアワめざしてんの?

正解は、当然、期待に違わず★3つ。

**********************

月例会の後は、最近恒例?になりつつあるらしい(未確認情報です。)

反省会と称する怪しげな会に初めて?参加。

今回は早めのスタートから軽めに切り上げ、明るいうちに帰途に就けた。

今年から「月例会は必ず公共交通機関限定」のルールを決めていただいた事務局長様に大いに感謝。

 

なお、帰りの橿原神宮前行き近鉄特急では、めずらしく二階建車両の二階席で、

車窓から師走の街の夜景を肴にコンビニでチンしてもらったワンカップを傾けたのはいうまでもない。

『う〜ん、これが至福のひととき!』と感じ始めた自分が、とても怖いと思う今日この頃でもある。


 

文・写真:ha-min 写真:クー、サンキュー