奈良山友会 山行の記録

木曽
南木曽岳
メタボ予備軍おっさん四人の山旅

2012年7月28日(土)〜29日(日)



<メンバー>
L.山の家、山遊亭軟弱、pike、点の記

<コースタイム>
<7月28日> 近鉄郡山駅13:00出発−名阪国道−東名阪−名二環−中央道−中津川IC−
買い出し−南木曽山麓蘭キャンプ場17:40−宴−雨の為9:00就寝

<7月29日> 起床5:00−キャンプ場6:00−営林署ゲート6:30−登山口6:50−下山道分岐7:05−
金時の洞窟7:05−下の鎖場8:15−カブト岩8:40−南木曽岳頂上8:55−展望台9:10〜9:40−
摩利支天10:05−下山道分岐11:10−登山口11:25−キャンプ場12:00

<7月28日>

これは猛暑の中、今回は13:00に近鉄郡山三の丸会館前にオッさん達が集合し、
マイカー利用の前日発の山行報告です。

車中毎度変わらぬとりとめのないバカ話・・・
いつもの事ながら、みんなよくもこう次から次へとしゃべるネタがあるものだと感心しながら、
オバサン化しつつあるオッサン4人で目指すは木曽。

後で車中の話題を思い出そうとしても何も記憶にすら残っていない内容のない話が、
中津川まで(約3時間半)延々続く。

唯一記憶に残っているのは、あれだけいろいろ募集したにもかかわらず、
今回男性はもとより女性を含めた会員の応募が少なかった事への各自責任のなすり付け 合い・・・
結局俺達は何も悪くない、例会や掲示板でのプレゼンが下手なだけだと自己擁護(^^)
・・・きっとみんなこの時期何かと忙しいから参加できない のはあたりまえやわ!!で各自納得する。

中央道も順調に走行し、程なく中津川ICを降りて、
本日の晩御飯と翌日の朝食の食材の買い出しにスーパーに立ち寄る。

3人が明日の行動食を買って精算をすませ、
スーパーの出口付近でいつまでたっても今回の食担の山の家シェフの姿が見当たらず、
やっとその姿を見つけた時には、なんと押しているカートが食材でテンコ盛り♪

ここで付け加えておかなければならないことは、
今回のオッサン4人はいずれも程度の差こそあれ健康診断で間違いなくひっかかる、
高脂血症(メタボ予備軍)で あるという事実・・・
最近私も家庭で草食男子化(意味は違うか?)されているため、
あれだけの食材を目にするといやがおうにもテンションが上がる!上がる!

そして本日の就寝場所の蘭キャンプ場に着いたのが5:40

テントもさっさと設営して5:55には宴会の準備の野菜のカットを始める。

ここで何故か胸騒ぎがした私は、
山の家シェフにサラダ用の野菜カットを命じられた方(名誉のため為名前は伏せます)の居る
炊事場に行ってみると、人参を土が着いたままで洗わず、
皮もむかずにカットしはじめているではありませんか(驚愕)

そんな方に玉ネギのスライスなどは、あまりにもハードルが高い!!
・・・その方がむいた玉ねぎはボコボコで、まるでジャガイモをむいたような形状
・・・博学なあの方も知らない事(玉ねぎの皮のむき方)があるのね〜(^^)

そんなこんなで準備も整い、さぁ宴会のスタート♪

気がつくと隣で軟弱さん(実は下戸)も似合わない缶ビールを旨そうに飲んでいるなと思いきやノンアルコールかよ(最近我が家でもよく登場する)!!
・・・呑まずにいられない気持はよく分かる・・・野菜カットの憂さ晴らしか!
・・・ばらしてしまったかな(ヤバイ)

それから約3 時間(どんだけ飲み食いするねん)ディナーも終わろうとする頃、ポツリポツリ・・・えぇ〜〜もしかして雨か!!テント本体だけで就寝しようという甘い考え が無残にも木端微塵となり、慌ててフライシートを被せ、なだれ込むようにテントにもぐりこみ、すぐに止むよという期待も裏切られ、日付の替わる頃までど しゃ降りが続いた。

おまけにテントの出入り口付近の雨漏りもひどく、やむをえずテントとフライのジッパーを全部閉めてオッサンのサウナ室の出来あがり・・・暑すぎて絶対寝ら れへんわと思っている横で例のあの人の寝息・・・地球滅亡の日が来てもゴキブリとあの人は生きていけると今回も確信した。


‹7月29日>

未明に雨も上がり爽やかな朝を迎え、朝食で腹ごしらえができたのでいざ6:00に出発。

キャンプ場前の林道をそのまま北へ進み、
山荘あららぎを右に見送ると程なく避難小屋(中は結構きれい)がある営林署ゲートに到着。

ここから林の中の近道を通り登山口に到着する頃には、
気温はそれほど高くないが湿度が高いので汗がまとわりついて不快感が増す・・・
ここで毎年この時期に 役立っているグッズ(100均のハンディー扇風機)を取り出す・・・
結局下山するまで点けっぱなしで、
私の熱中症を防いでくれた優れ物(とても100円とは 思えない完成度)で感謝!感謝!

そうこうするうちに下山道分岐に到着、ここから右回りに登山道を登る。

金時の洞窟を過ぎ、喉の滝あたりでは軽度な沢登りを感じさせるかの様相を見せ始め、しばらく登ると梯子や鎖が多くなり(頂上までおよそ50箇所程)稜線も見え始め勾配がきつくなり高度感が増す。

カブト岩を過ぎると頂上まではあと一歩。

8:55に南木曽岳頂上三角点に到着。
頂上ではあるが眺望が無いので避難小屋の先の展望広場まで移動。

展望広場で大休憩、残念ながら昨夜の雨のせいなのかそれとも誰かの嫌がらせなのかガスって眺望はほとんど無し・・・かろうじて中央アルプスを微かに望むだけであった。

さすがにこの高度では、風が吹くと爽やかで、
大汗もやっと引いた頃に名残惜しいがここから下山道を下る。

しばらく下山道を進み分岐を右にとり摩利支天に立ち寄るも相変わらず眺望なし。

もとの下山道に戻りしばらく行くと、このあたりから急峻な地形と梯子の連続となり、
昨夜の雨で濡れた梯子は要注意である。

足元を注意しながら25か所程の梯子を通過する頃に下山道分岐点に到着。

これで南木曽岳を一周堪能したことになる。

下山道を登りに使う左回りの周回は、はかなり体力を要するように思われる・・・
一度誰か行って感想聞かせて(^^)
 
そのまま林道を戻り12:00にキャンプ場に到着、お疲れ様でした。









追記
下山後に立ち寄った、南木曽温泉の「そば道場 木曽路館」は、
¥1,500で入浴代金プラスざるそば食べ放題(結構美味しい)が付いたリーズナブルなプランがあり、
かなりお得ですよ。

山の家さんとpikeさんが食べ放題のざるそばをガンガンおかわりしたのは言うまでもありませんが、
私もおかわりする予定が最初に運ばれてきたざるそばを食べた時点でギブアップ
・・・最近の減量で胃が小さくなったのかなぁ?

ブルジョアの軟弱さんはソースヒレかつ御膳なのは言うまでもありません・・・
いよっ!!お金持ち!!・・・遺言書には俺の名前入れといて♪

当然帰りの車中も延々ぺちゃくちゃしゃべって楽しく陽気な山行でした。
山の家様、軟弱様、pike様 ありがとうございました。
これを読んでいる会員の皆様、次回はあなたも参加してみませんか(^^)
ズッキーニのバター炒めは、炒めながらつまむと実に美味しいよ!
 ・・・アルコールが進むで〜!

これをお読みになって興味を持たれた方は、この楽しい山の会に入会されてはいかがでしょう♪・・・お気軽に御連絡下さい、会員全員でお待ちしております(^^)

※いつもはもっと真面目に真摯に山と向きあってる会なんですよ (^^)

じゃ次どこの山に行こうかなぁ〜♪



   


文・写真:点の記 写真:pike