奈良山友会 山行の記録

奈良山友会30周年記念登山
富士山
富士吉田口〜九合目〜富士吉田口

2012年6月30日(土)・7月1日(日)



<メンバー>
L.チョモランマ SL.点の記 会計 てくてく
ころり なべちゃん 点の記 ウォンテッド 山の家 yokko えみーる
Buhiko Snowman 山寺 もっちゃん 悠山 山遊亭軟弱

<コースタイム>
<6月30日>
天理駅7:00出発−東名阪−名神/新東名−御殿場IC−河口湖−富士スバルライン−
富士吉田登山口(2,305m)15:00−六合目(2,300m)15:30−
七合目(2,740m)16:50−東洋館(3,000m)17:45

<7月1日>
山小屋出発0:30−八合目(3,100m)1:00−八合目途中撤退(3,400m)3:00−
ご来光(3,030m)4:00−下山開始5:00−富士吉田登山口(2,305m)6:50

6月30日

07:00
天理駅前ローターリーを予定どおり出発。富士登山の経験者が少数で、多くのメンバーが未登頂で、登頂に向けて期待に胸がふくらむ。座席はほぼ2席で1人分確保でき、ゆったりと移動できた。

09:00
新しく出来た、新東名高速を走り、駿河湾沼津SAで昼食を取った。新しいSAということで、多くの車両が駐車していた。レンガ造りを模したデザインでなか なかおしゃれなSA。特に女性用トイレはSAとしてはかなりゴージャスとのこと。休日でもないのにトイレ待ちの行列も出来ていた。なるほど一見の価値有り と言うことか。男性用も設備が新しく綺麗でした。

13:00
御殿場ICで高速を下り、富士スバルライン入口到着。1,088m。つづら折りの道をバスはどんどん高度を上げ、アカマツ、シラビソの合間から、眼下に青木ヶ原の広大な樹海が見え隠れしている。
天候が良ければ八ヶ岳や南アルプスの山々が見えるはずだが、今日は全然見えない。

14:00 
目指す富士吉田登山口駐車場に到着。2,305m。
車外に出るとかなり涼しい。標高2,300mなので平地より約15℃低いことになる。
曇っていたが、ガスは出ていなかった。肝心の富士は頂上付近に少し雲があるものの頂上まで見渡せた。梅雨の時期としてはまずまずの天気だ。さすが世界の冨 士山ということで国際色豊かで各国の登山者が訪れている。中国語、ハングル、フランス語、英語等々が聞こえてくる。これらの登山者の多くは本格的な装備で はなく、どちらかというと軽装の登山者が目立つ。半袖、短パンという外人も見られた。外人は寒さに強い?或いは富士の厳しさを知らないでやって来た?。
山開きと言うことで、団体バスで駐車場周辺を散策する観光客も大勢見られた。
大きなレストハウスが立ち並んでいて、気分が高揚してくる。

15:00 
約1時間高度順応のため、はやる気持ちを抑えて、駐車場で休養を取った後、準備体操を済ませ、メンバーを2班に分け、各班円陣を組み、気合いを入れて出発した。
最初は幅5mはあろうかという整備された登山道が続く。最初は平坦な道で始まり、その後、泉ヶ滝というところまでゆるやかな下りが続く。歩くこと30分余りで遊歩道から登山口と言えるような場所に到着。
遊歩道の回りはダケカンバや針葉樹の木々や草が生えていた。頂上は相変わらず見えたり、雲に覆われたりと、まずまずの天候。

15:30
程なく6合目の最初の山小屋に到着。2,300m。な、なんとミネラルウォーターとスポーツドリンクが同じ値段。ミネラルウォーターのラベルには「富士山千年水」と書かれている。恐ろしや富士のブランド力。小屋のトイレの使用はいずれの小屋も200円の協力金が必要。
近々世界遺産の申請がされるとのことで、環境美化の一環としてトイレの整備も進んでいるらしい。

16:50 
7合目の山小屋 トモエ館に到着。標高2,740m
少しペースを上げると息が普段の山より切れる感じがする。やはり高度のせいか、高度は既に3,000m近くになろうとしている。
下界の景色はガスがかかっていてよく見えない。頂上の方が良く見渡せ、七合目、八合目の山小屋が遠望できた。

17:45
宿泊予定の山小屋 東洋館に到着。3,000m。富士山の山小屋の中でも新しく小屋内も広々とゆったりくつろげそうだ。今日は宿泊客も少なく、寝るスペー スは十分とのこと。寝相の悪い私としては一安心。15人の団体なので一部屋を会専用で使用できるので、他の登山客に気を使わずすむので安心だ。
夕食は1時間ほど休憩の後、板張りのホールで出された。椅子ではないので宴会のようだ。混雑時は食堂がそのまま客室になるような構造になっている。しか し、今日は他の登山者も見かけず、ほぼ貸し切り状態だ。食事も富士の小屋としてはまあまあだ。40分ほどで食事を終え、早々に部屋に戻り、今晩12時の出 発に備えて横になった。

23:30 起床という誰かの声で、目を覚ますが、頭がぼーっとしている。寝たような寝てないような中途半端な気持ち。


















7月1日

00:30 
準備体操の後、出発。小屋前や前方に既に上り始めている登山者のヘッドランプの明かりが点々と続いている。山開きで多くの登山者が来ているのだろう。しかし盛夏の登山道ほど数珠つなぎではない。下を見ると河口湖周辺の町の灯りが見える。心配していた天候もまずまずか。
七合目の山小屋の建っている場所からは岩場になります。ごつごつした溶岩の上を手で支持しながら登る。

01:00 
太子館前。3,100m。 八合目の最初の小屋に到着。団体のツアー客が大勢来ている。16号車のお客さんは・・・と叫ぶ添乗員の声が聞こえ、人数の多さにびっくり。さすが富士山。

03:00 
3,300m。8合目の途中で、霧雨が降り出した。間もなくしっかりとした雨粒となり、カッパを着ての登頂となった。気温は5℃だった。おまけに風も出て きて寒さを増す。八合目の小屋の前あたりで、突然先行団体がストップ。15分ほどほとんど進まない。じっとしているとたちまち寒さが襲ってくる。富士の 3,000mは自然条件が厳しい。
先行の団体が登頂を断念して、下山してきた。添乗員の無線通信によると、頂上付近は風雨で危険な状態とのこと。我々グループも安全を優先し、リーダーの判 断で登頂を断念、下山することにした。下りは風雨と暗闇でヘッドランプの光が登山道に届きにくい。岩の状態が把握しにくいので慎重に下山した。下ること1 時間くらいで雨が止んだ。雲の中から脱出したせいであろう。ほどなく回りもうっすらと明るくなってきた。東の空に一部に雲がかかっているものの、ご来光を 期待出来そうな状態。東洋館を足下に見下ろす7合目の登山道から少しそれて、ゆっくり出来る場所を確保し、ご来光を待つことにした。

04:00 
3,030m。まだ太陽は出ていないが、東の空が茜色に染まってきた。

04:20 
ご来光。通常のご来光はオレンジ色が多いが、今日は紅色の太陽が望めた。後で小屋の人の話によると、今日のような色は珍しいそうだ。登頂は出来なかった が、珍しいご来光を見られて、メンバーも大満足の様子。誰からともなくご来光を迎えた瞬間、万歳の声が上がっていた。結果的に無理に登頂を試みていたら、 ご来光は望めなかったであろう。頂上は相変わらず雲に覆われて先端が見えない。

05:00 
頂上の雲が少しずつ下がってくるような気配なので、早々に出発した。

06:50 
登山口に到着。丁度観光協会員の担ぐ小御岳(こみたけ)神社の富士山神輿が繰り出していた。
富士の神社らしく富士の形を模した御輿と、普通の御輿の2基が出ていた。

08:00 
程なく迎えのマイクロバスが到着。相変わらず頂上は雲に覆われている。頂上が確認出来たのは、昨日の夕刻4時頃だけだったか。













11:40 
富士スバルラインを下り、河口湖を周り、御胎内温泉で汗を流し食事を取った。

13:10 
新東名高速の静岡SAで昼食をし、一路帰路についた。

15:00 
天理に着くと、大雨が降っていた。梅雨のまっただ中を考慮すれば、登山中、一時雨に降られたものの、富士の全容も見られ、
ご来光も拝めたということは、大満足の山行となった。

リーダーのチョモさん、小屋の手配や、ツアー途中の色々なご配慮ありがとうございました。
また、登山中の的確な判断により、おかげさまで事故もなく無事に下山できました。登頂は次回に取っておきましょう。

文:Snowman 写真:チョモランマ、山寺、Snowman