奈良山友会 山行の記録


季節が変われば風景はすっかり変わる
白滝山

2012年6月23日(日)



<メンバー>
L:リギ
ウォンテッド クー ころり buhiko yokko

<コース・コースタイム>

坊村9:00−伊藤新道出合9:35−ワサビ大滝10:10−白滝山11:00−11:20オトワ池(昼食)11:55−
夫婦池12:35−出合の滝13:10−木戸峠13:45−クロトノハゲ14:15−天狗杉14:40−志賀駅15:50


山行予定日の三日前にL.リギさんからメールが届いた。
予定していた白滝谷は、ここ数日の雨で橋が流れ、登山道は崩れ山行には無理があるとの事。
予定を変更して「白滝山」となった。その事に関していえば何も問題はなかった。
buhikoさんが数ヶ月前に行っているとはいえ、季節が変われば風景はすっかり変わる。

京阪・出町柳にて集合。
坊村へ行くバスには長蛇の列・・・臨時が出て約1時間揺られ坊村へ到着。
舗装された林道?を歩き「伊藤新道出合」の登山口。登山口より南南東へ急な登りが待っていた。
左にはワサビ谷があり沢沿いの苔むした登山道だった。

ワサビ大滝へ出た。滝の上へ廻らねばならない・・・

道を探しながら歩く。3人の若い人達の姿が道の先にちらほら見える。
ここ数日続いた雨で登山道崩壊箇所もありスリル満点。



沢を離れると傾斜は緩やかになり小アジサイが斜面に咲き誇っている。
陽の当らない処にはギンリョウソウが集まっている。



白滝山山頂に着くと先行していた3人組のグループに追いついた。
若い彼らのスピードに付いて行けるのだから、私達もたいしたものだ・・・。
その一人に集合写真をお願いして、6人笑顔で写真に収まる。



山頂より10分歩きオトワ池へ移動、昼食タイム。
オトワ池周辺の木々にはモリアオガエルの卵がいっぱい!!自然豊かな地域なのだ。



オトワ池より東へ進路をとり夫婦滝へ。ゴウゴウと滝つぼへ流れ落ちていく水の多さは豪快だった。



夫婦滝より南へ進路をとり、沢沿いを歩く。アップダウンの小さい谷は穏やかだ。
しかし水量は多く、岩の段差は小さな滝がいくつもあるように流れ落ちる。
数回、木造の橋を渡る。登山道にも伏流水があふれ出て、数日続いた雨の多さを思う。
ゴウゴウと流れる水の音に混じり、春セミや、鳥のさえずりが響く・・・
渡渉しなければいけない処へ来た。適当な場所が見当たらない。



靴を脱ぎ素足で川の流れに入る。流れる水はとても冷たい。
靴を脱いだことによって、メンバー二人が「ヒルにやられている」と気づく。ヒル対策が必要な季節になった。

「もうすぐ汁谷、びわこバレイキャンプ場」そんなふうに思っていたら、遠く向こうに、たくさんのピンクの花が咲いているのが見えた。
花まで近づいてクリンソウとわかった。「わぁ〜!!まだ咲いている!!」
クリンソウの群生は予想外だった。カメラを向け大喜び。

 



汁谷からクロトノハゲへ・・・クロトノハゲは崩壊して岩肌がむき出し。



キタダカ道を下っていく。住宅地へ入った。スケボーで遊ぶ子供達を眺めながら志賀駅へ到着。
5分も経たないうち電車がきた。慌てて電車へ飛び乗った。

長い距離を歩きました。

白滝山は人の気配があまりない、静かな魅力的な山でした。
また紅葉の季節に訪れるのもいいかもしれない・・・


文:yokko 写真:クー、リギ、yokko






タツナミソウ



ミズタビラコ