奈良山友会 山行の記録


六甲縦走のスタート地点
須磨浦公園から高取山

2012
年6月3(日)



<メンバー>
L:もーやん SL:チョモランマ
なべちゃん、山の家、to-me、トレモロ、点の記、点の記北の方、
wakabama-kun、buhiko、buhiko友人、pike、えみーる

<コース・コースタイム>
須磨浦公園駅 9:00−9:45 鉢伏山ー9:53 旗振山ー10:11 鉄拐山ー10:24 P212ー11:10 栂尾山ー
11:43 横尾山ー11:58 昼食 12:30ー14:08 荒熊神社・高取山 15:00ー15:30 高取団地バス停


山陽電鉄須磨浦公園駅から出発、
まずは公園でストレッチ、天気は曇りで歩くには好都合。

公園のコースに沿って石段を登っていく。しばらく歩くとロープウェイ鉢伏山上駅に出る。

展望台からは、うす曇りながら神戸市街と海づり公園が望める。



そこから7分ほどで鉢伏山(246m)さらに7分ほどで旗振山(253m)に至る。ここからの展望もよい。



そこから尾根沿いに緩やかな道を行くと鉄拐山(234m)
旗振山の歴史案内板によると、源平の戦、「一ノ谷の逆落とし」で、
源義経が一ノ谷の平家本陣を、この鉄拐山あたりから馬で奇襲したらしい。(急やで〜)



鉄拐山から尾根道を歩き、ウバメガシの林を抜けると高倉台団地が見えてくる。
階段を下って、団地内に入っていく。

このコースのがっかりポイントはここですが、もともとは標高291mの高倉山というのがあって、
ポートアイランドを造るために丸ごと削り取られた跡にこの団地ができたらしい。
六甲全山縦走路をつなぐには、この道も仕方がない。

いったん平地に下りたのをまた登るのはとてもしんどい。
落差100mのコンクリートの急階段(まっすぐ)を登りきって尾根を少し歩くと栂尾山頂上(274m)。ああしんどで休憩。
ここから少し下り、尾根を登ると、横尾山(312m)

ここからですよ〜。
ここからが須磨アルプスと称される風化花崗岩の露出した尾根のルートだ。
予備知識の全くなかった不肖私『わぁ〜、いい感じ』



白っぽい岩稜地帯の「名勝馬の背」、急階段や鎖場を通って、見晴らしのいい所でお昼ごはんです。
JAさん差し入れのいちごが美味、甘ぁ〜い。トレモロさん持参のアイスパイナップルも冷たおいし〜い。

さてさて食後は向こうに見えるお山、東山(253m)にレッツゴー。
そこから記憶が途切れます。

また下界に降りて道路脇のローソンへ(須磨アルプスでお花つみはできません)
そこからまた高取山(320m)へ(雑ですみません)



荒熊神社から高取神社へと向かいます。
高取神社からの展望は最高!神戸の街から海岸線、神戸空港も見えます。
デートスポットにお勧めです。

誰かが(誰でしたっけ)遙か向こうの街の先に長田の小っちゃい鉄人28号像を見つけて、
どこどこ、どれやどれやと大騒ぎです。

長い休憩の後、もう3時、予定の時間を大幅におしていたので、
長田まで歩くのをやめて、道路に出たところからバスで長田に向かいました。

そこで鉄人28号観賞会。近くで見るとでっか〜い。その後楽しい反省会でした。

 Lもーやん様、SLチョモランマ様、お世話になりました。
 楽しい山行ありがとうございました。

 


文:えみーる 写真:to-me、toremoro、pike