奈良山友会 山行の記録


奈良山友会30周年記念企画
高島トレイルシリーズ第2弾

横谷峠〜駒ヶ岳
ブナの新緑と樹木の花

2012
年5月20(日)



<メンバー>
L.クー SL.ころり
ウォンテッド、チョモランマ、porori、miichan、キレイ、なべちゃん、トレモロ、リギ、
サンキュー、点の記、yokko、to-me、てくてく、えみーる、ヨーチャン、ミサチャン、山寺、悠山、JA

<コース・コースタイム>
 高の原駅7:20−横谷峠9:45−10:50池原山分岐―11:15「池」(昼食)12:00
12:30駒ヶ岳12:45−駒ヶ岳西尾根―14:10木地山BS(朽木麻生)


高の原駅からバスで出発。総勢21人。天気は、やや雲があるものの晴れ。

横谷峠から入山。

見過ごしてしまうような取付きを、1班先頭のウオンテッドさんは、迷うことなく当然のように入る。
急こう配で、きつい。「ヒノキ」の植林の中を行く。ウオンテッドさん、ペースが速い。
後ろの班の人たちが遅れがちになるが、要所、要所で調整する心使いは忘れない。



30分ほどで尾根筋に出ると、自然林となる。「ブナ」が多い。

「池原山分岐」の手前で「ブナの巨樹」に出会う。2本合体した巨木。見上げて、皆ホレボレ。



「分岐」を過ぎて30分ほどで「池」に到着。正式な名前はないようだが、樹林に囲まれて美しい。
神秘的な気配すらする。「モリアオガエル」の白い卵の塊があちこちに散在する。



深い森の中の池と感じさせる。少し早いとの意見もあったが、昼食とする。

40分ほどして、めざす「駒ヶ岳」に向かう。この尾根筋は「ブナ!ブナ!
ブナ!」の原生林の中であった。
新緑がさらにまぶしい。「池」から30分ほどで、「駒ヶ岳」に到着。広くはないが、展望が良い。

小高い岩稜の上で、個人的にも皆、Vサインのポーズで記念写真。
ここより「駒ヶ根西尾根」を経由して、一気に下山予定地の「木
地山BS]に向かう。



途中一度休憩。到着したのは、2時10分過ぎ。
実歩行時間は
計画書記載の時間より2時間弱早い。

ウオンテッドさんが、日ごろ鍛えている健脚で20人を引っ張った。

このコースは、なんといっても「ブナ林」が素晴らしい。
新緑の時期と相まって、「高島トレイル」を満喫した一日であった。



帰路、朽木の「てんくうの湯」に寄り、
バスの中は例によってチョモランマさんを中心に楽しく盛り上がって、高の原駅前に無事到着。


リーダーさん、サブリーダーさん、素晴らしい山行有難うございました。

文:山寺 写真:クー、トレモロ