奈良山友会 山行の記録


春山・中央アルプス
伊那前岳

2012年4月28(土)・29日(日)



<メンバー>
L:山の家
点の記
、山遊亭軟弱

<コースタイム>
4/28=北御所登山口 11:50−清水平 15:10−うどんや峠やや東方16:30 テント泊
4/29=テント場  5:40−うどんや峠5:45−
8:35伊那前岳手前9:00−テント場−北御所登山口14:20


好天が予想できる今回の春山。
中央アルプス・伊那前岳を北御所登山口からラッセル覚悟で登る。
テント山行は1年ぶりなのでやや不安なところがあるが、メンバーを信頼して参加。

昼過ぎ、駒ヶ根高原バスセンターに到着。タクシーにて北御所登山口へ。
林道を1時間少し歩き、蛇腹沢登山口から登山道に入る。清水平への中間あたりから、雪が登山道に出てくる。
清水平では一面の雪に覆われていて、標識がほとんど雪の下である。


先行者が一人いたため坪足でのトレースが残っているが結構苦労していそうな足跡である。
時折空木岳、檜尾岳が青空の下よく見える。トレースを使わせてもらって登るがかなり踏み抜きをしてしまう。
登り一方なのでやはりきびしい。

やや不明なコースを上部に向かって登り、最後の直登はGPSを頼って稜線へ。
ピッタリでテントの張れる場所に登りつく。
積雪40〜50cm。水も作れる位は十分有り。

テントを設営、水を作りながら飲む人は飲む。
フリーズドライのグリーンカレーがメニューだが、
微妙ーな味かなと思って言うとL.から本当のインドカレーはこうだと蘊蓄有り。

朝結構早かったのと明日も4時起きなので早めに寝る。風もなく暖かい夜で暑かった。

寝過ごして4時30分起床。
テントは置いてサブザックで出発。

本日もピーカン、真っ青な空、焼けそう。
ワカンはつけたものの雪は悪く急な登りになるとかなり苦労する。
トップを交代しながらラッセルをかける。



森林限界を抜けアイゼンに付け替え急登したところで伊那前岳を望む位置に来たが、
制限時間になり写真を撮り名残は惜しいが下山となる。


約2,660m、檜尾岳、空木岳の稜線がきれいに見えている。
檜尾岳から少し下がったピークは数年前にテントを張ったところだ。



左に目を転じると南アルプス、八ヶ岳の全景が飛び込んでくる。これが山の魅力やで〜といつも同じ事を言ってしまう。

こんな傾斜登ったんかと言いつつ決して楽なわけではない下りを駆け下る。
テントを撤収し重いザックに代えてさらに下る。

清水平でサプライズ、Lからご褒美・・ミルク金時のごちそうが出ました。
きれいな雪を取りコンデンスミルク+粒あん羊羹、Lごちそうさまでした。



文:山遊亭軟弱 写真:点の記、山遊亭軟弱