奈良山友会 山行の記録


高野三山
摩尼山 楊柳山 転軸山
〜 弘法大師御廟 世界遺産への雪のハイキング 〜

2012年3月11(日)




<メンバー>
L..悠山 SL..to-me
みい、てくてく、miichan、ha-min、サンキュー、ウオンテッド
miichan jr.、Teo、buhiko、リギ、ヨーチャン、ミサチャン 、点の記、山寺

<コース・コースタイム>
10:30奥ノ院バス亭−奥ノ院−11:02登山口−11:20魔尼峠−11:35魔尼山-12:02黒子峠−12:1)楊柳山
昼食−13:08子継峠−13:21十字路−13:43転軸山−14:05登山口
 
 
弘法大師 空海が入定された、奥ノ院廟を三方に取り囲む様に位置する
高野三山を訪ねました。

奥ノ院中の橋より参道に入り、御廟に去年の3月11日の震災で亡くなられた
方々の鎮魂と地域の再生を願い、お参りをいた後、一旦車道に出て左に進みます。
木の案内板が立ててある登山口から三山にいざ出発。


 
魔尼峠まで、左右の美しく手入れされた杉林の中を歩き、坂を登ると、魔尼峠です。
峠から魔尼山頂まできつい登りですが、このあたりから綺麗な雪景色となり、
霜柱と雪の上を滑らない様、注意して足を運びます。



山頂には祠があり、『魔尼山 如意輪観世音菩薩』と刻まれています。
 
樹氷がクリスタルの様で、とても綺麗。
 


此処から、黒河峠までどんどん下って行きます。
雪景色を見ながらの楽しいハイキングといった感じで、おしゃべりにも花が咲きました。



黒河峠にも案内板があり、迷うことはないです。
黒河峠から楊柳山まで、約600m。少し上り下りしながら進みます。
 
楊柳山にも祠があり、沢山の碑の中に、『楊柳山 楊柳観世音菩薩』と刻まれているのがありました。 



ここで昼食にしますが、寒いのと上の木から雪が落ちてくるので、
急いで食事を済ませ、記念写真を撮り、高野三山で唯一の三角点(祠の裏にある)にタッチして、早々に出発です。
 
楊柳山からは、また少し下って稜線の上を歩いたり、なだらかなアップダウンを
繰り返し、急な階段を下ると、子継峠です。
ここからはなだらかな下りが続き、林道を横断してからは、ゆるやかな登りになります。
最後の少し急な登りを上ると、今までの中で、一番大きな祠がある、転軸山です。

回りはうっそうとした杉林。
祠に向かって左の石碑に、『転軸山 弥勒菩薩』 と刻まれています。
 
ここからは、案内板の×の道を下らせて頂き、玉川を渡ると、御廟の裏に出ます。
林道までは、皆静かに歩きます。
 
林道からまた参道へと入り、中の橋まで戻り、
参道横の店で、おまんじゅうをそれぞれ買い求め(一個でも売ってくれるのが嬉しい)
各自の交通手段で帰路に着きます。
 
この時間になると、粉雪が舞い、気温もぐんと下がり真冬の様。
 
いつもの山行とまた違った、趣のある一日でした。



文:miichan 写真:悠山、サンキュー、点の記、ha-min