奈良山友会 山行の記録


2月会行事山行
雪の堂満岳

2012年2月5日(日) 快晴 無風状態




<メンバー>
L.山遊亭軟弱
ころり、サンキュー、yokko、てくてく、点の記、ウオンテッド、さよちゃん、
porori、リギ、山の家、ha-min、チョモランマ、トレモロ、buhiko、もっちゃん、RINRIN、みい、to-me

<コースタイム>
奈良 7:00−バス−イン谷登山口 イン谷 9:00 − 11:30 金糞峠 12:00 − 13:00 堂満頂上 13:30
ノホタリ池経由 − イン谷へ下山 15:30 − バスにて奈良へ

前日まで続いた今冬最高の冬将軍の為雪は深く、冬山に来た気分は最高!
誰のお陰?青空が覗き、風もなく天気は申し分無し。
登山口は乗用車で溢れ、我々のバスは邪魔者扱い。

スキー場が有る頃は駅からの定期バスの為に道の除雪等もしっかりされ、
無秩序な乗用車の駐車も無く、バスの回転に苦労する事も無かったのに。

登山口を少々離れバスを停車、全員降りて準備に掛かる。
初めての方も幾人か居られたようですが短時間に完了。

よしいざ出発!!三班に分かれ、準備運動を兼ねてゆっくり歩き出す。
トイレ付近で服装の直し及び一息入れ、恒例のジャンケン大会を行ない、結果私に降りて来ました。
是より気合を入れてしっかり登りだすがこの時点でもう汗がにじんでくる天気に感謝。



30分登って最初の休憩時にいよいよ半そでTシャツ姿に成っていました。
寒くなく快適に歩ける天気に再び感謝!
足元も昨日からの先行者によって良く踏まれたトレースで快適でした。


談笑しながらふと気付くと30分が過ぎ、堰堤下の徒渉地点まで来ていました。
2回目の休憩を入れて水の補給や、行動食でエネルギー補給を行なう。
快適な談笑も続く。皆さん楽しい。良い仲間やー。
休憩を終えて徒渉し(ここだけは何時も雪が解けていますが今期はそれも小さく成っていました)、
ガレ場に取っ付きます。
(言ってもガレは無雪期の話で今は前日までの大雪で見事に全体で一つの丸みを帯びた斜面に成っています)

これも先行者のお陰か、しっかりした踏み後でアイゼンが効いて登り易い。
ここも何とか皆さんの御蔭で快適な談笑の終わる頃には峠に差し掛かり、
残りわずかをチョット黙り込んで登り切る。峠も無風状態で気持ち良く過ごせた。

ここで昼食に成って皆の楽しい話はだんだんエスカレートし、
最後は「ここは金糞やー」となって、
誰かが「もうそれ以上言わんといてよー。私カレーヌードル食べてんのよー」って、
御昼時の楽しいひとコマでした。

私も行動食を頂き、エネルギー充電完了!! 是より本日一番の難所に掛かります。
雪が多すぎてラッセル及ばず断念!!なんて、参加者の誰しもが一度ならずとも経験しています。
今年はどうか?登りだして幸い行けそうな雰囲気?。
ちょうど降りてくる下山者に聞くと「頂上まで踏まれている。トレースバッチリ」との事。一堂安堵。

それからは順調に高度を上げ1時間もせずに頂上に到着しました。
振り返れば武奈ケ岳が目線に、進行方向右手に蓬莱山も目線に成り、
琵琶湖だけが眼下に見えて来ました、まるで地図を見下す様に。


今冬の雪は多くて頂上付近の北側斜面に張り出した雪庇は大きく「すごいなー。怖いなー」の一言です。

頂上でもほぼ無風状態で30分からゆっくり過ごせました。
「この時期になかなか無いよ」って皆、感謝して談笑し、撮影し、遠く湖東に見える山々を目に納めました。



下山は東斜面を一路ノホタリ池目指します。
全くの新雪斜面では有りませんが此処もトレースがしっかり付いて歩き易い。
余裕を以ってわざと新雪に踏み込んで遊びました。



ノホタリ池は結氷するまでも無く、うっすら雪が積もる程度で快適に下山し、
登山口の沢音が聞こえる頃には左手にシャカ岳の斜面に旧ロープ駅の跡が見え、
それに向かう一直線のリフト跡のも見えて懐かしかったです。

その頃には道はつずら折れの下山道に成り、ひょっと別荘の建物が出て、終了。
有難うございました。


文:山の家 写真:トレモロ、サンキュー、ha-min