奈良山友会 山行の記録

一粒で二度おいしい山行 第二弾!
北摂
大舟山
〜 最速山行の記録更新か? 〜
兵庫県三田市にある標高653.1mの山。丹波高地に属する独立峰。兵庫50山

2012年1月22日(日)



<メンバー>
L.加茂の仙人
ウオンテッド、花園、to-me、ha-min

<コース・タイム>
三田駅北口 9:25〜<神姫バス>〜 9:54波豆川バス停
 波豆川登山口(10:00)→大舟寺跡(10:50)→頂上への分岐(10:55)→(11:10)大舟山:昼食(11:35)→
波豆川分岐(11:45)→ため池(12:05)→十倉登山口(12:20)→ 十倉バス停12:35〜<神姫バス>〜13:05三田駅北口

****************************************
毎年1月のこの時期は、ちょっと緩いぐらいの山行がちょうど良い。
約一年前にも、年明け第一弾「六甲:摩耶山+灘五郷」で、
おいしい思いをしたのが、記 憶の片隅に残っていた。
今回の参加メンバーを見渡せば、昨年も参加のウオンテッドさんの名前が真っ先にあがっている。
そこで、山行時間及び移動時間を綿 密に検討・分析した結果、
今回も三田駅周辺で二匹目のドジョウを探りあてることになったのである。
***************************************


 大寒の翌日にしてはとても暖かな霧の朝、
JR三田駅北口に集合したのは、紅一点を含む、つわものども5人。
山行の機会稀な北摂の山を企画された「加茂の 仙人」リーダーの手には、真新しい「山と高原地図 No.47(北摂・京都西山)」が・・・
他にもおいしい山、結構ありそうです!



JR三田駅から30分あまり、
神姫バスに揺られて終点の波豆川(はずかわ)に近づく頃には、霧もすっかり晴れて、
辺りには低いながらもピラミダルな山容の山が見え隠れしだした。
スパッツほか雪も想定しての装備も万全に、10:00 花園さんをトップに波豆川登山口をスタート。



登山口より30分程で大舟寺跡に到着。波豆川からのこの ルートでは、
変わった形した地蔵形道標(町石:県指定文化財)が点在する。



十倉方面と山頂への分岐の三叉路を左にとり、山頂直下の急登350mをこなす と、
約10分あまりで開けた山頂に飛び出した。





山頂は西方向に樹木が遮る以外は、ほぼ360度の展望で、南眼下には"羽束山と宰相ヶ岳"がきれいな双耳形 を見せている。



三等三角点(点名:大舟谷653.11m)にタッチ後、山名板のある祠の前で証拠写真撮影。



展望抜群の山頂でゆっくりする案もあったが、瞬 時の全員協議会で急遽決定された次の計画を実行すべく、
予定より一本早いバスへの乗車をめざして、
ウオンテッドさんを先頭に、十倉への下山道を駆け下る メンバーの姿があった。



 なお、山頂付近でも雪は全く無く、リーダーは拍子抜けした様子。
山行途中遭遇したの、十倉方面からの1グループ7〜8人のみで、静かな山行が楽しめた。

 また、十倉集落手前の登山道脇には、美しい色の池水をたたえた「ため池」があり、これも一見の価値あり。



 十倉登山口(バス停)下山は余裕の12時20分着。無事、メインの山行が完了した。



正味の山中時間、2時間20分。参加経験のある山友会行事では、最速最短の記録更新かも?

 予定どおり一本早く、十倉発12:35のバスでJR三田駅に到着。
駅ビル内で、しばし時間調整の後、
神戸電鉄駅南側に待機中の缶ビールの形に似せた「ラ○ーバス」(キ○ン ○ア○ーク神戸行き)に、
全員嬉嬉として乗り込んだのは言うまでもない。



***********************************

追記:新ジャンケンルールの新年リセットかなわず、約二年半連勝が続いていたのに、
今回不戦敗?で山行報告書くことに・・・なんでやねん。


文・写真:ha-min 写真:to-me