奈良山友会 山行の記録

夏山登山バス 南アルプス
北 岳
2011年7月16日〜18日



<メンバー>
L.to-me SL.点の記
悠山、Teo, buhiko、みい、山遊亭軟弱、山の家、タンタン、ha-min、ウオンテッド、tomosan

  <コース・コースタイム (すべて休憩時間を含む) >
‹7月16日> 大和郡山三の丸会館前出発 20:30 − 名神・中央道経由

<7月17日> 名神・中央道−中央道韮崎IC−南アルプス市芦安 コンビニ 5:30−市営駐車場 6:00−
6:50 広河原 7:00 − 白根御池小屋 9:30−小太郎尾根分岐 11:50−肩の小屋 12:50

<7月18日> 肩の小屋 5:10−5:50 北岳山頂 6:15 − 八本歯のコル 7:15 −
大樺沢二俣 8:20 −広河原 11:10 −12:00 芦安 13:15−帰途−20:30 大和郡山三の丸会館前


<7月17日>

7月16日 20:30に郡山三の丸会館前を出発
名神・中央道経由して朝5:00には山梨県南アルプス市芦安のコンビニでトイレ休憩し、
南アルプス芦安市営駐車場でジャンボタクシー2台に乗り換え登山口 広河原へ
3連休ですごい人、東京からだろう山ガールが目につく。



  7:00に広河原を出発、北沢峠への道左折、吊橋を渡り広河原山荘の横から左へ、
樹林の緩やかな登り30分で大樺沢分岐に出る。ここを右の山腹をたどる。
左手に沢音を聞きながら2時間ほど急な登りが続く、
緩やかな道になったと思ったら白根御池小屋に到着。
 
  まだ新しく建て替えられた小屋らしい、きれいなトイレ それと冷たい水がおいしい、
小屋を過ぎるとやっと展望が開けキャンプ地になっている白根御池に出る。



再びカール状のお花畑のある急坂に取り付く、なかなかしんどい。
この草すべりの道がジグザグを切って登っていくと小太郎尾根の稜線に出る。




  
小太郎尾根で大樺沢二俣からの分岐までくると
右手に仙丈岳、中央アルプスが眺められる稜線を二度ばかり急な所を過ぎ、
3,000mの北岳肩の小屋に登りついた。

三連休でさすが小屋もテントサイト満杯だ。私らは幸い2号館の13人の個室に入れた。
早速ビールだ残雪で冷やしたのはさすがに胃にクーと沁みこんだ、16:30夕食 即就寝。

 
 



<7月18日>

  3:30起床、4;00から先着順での朝食、4:40日の出を見る。傘を被った富士山が南東方に見える。
5:10出発 小屋裏手より急斜面を一気に登る、50分ほどで小広いう北岳山頂へ着いた。
日本で2番目に高い山3,193m、眺望最高、また百名山が増えた。



  6:15八本歯のコルへ向けて下りにかかるここから岩場が続く、
そのあと丸太作りのハシゴが付けられていて楽に下れる。
左側に大きな岸壁、バットレスが眼前にかぶさってくる。

 

  八本歯のコルで左折し雪渓へ下る。
ここも丸太のハシゴの急坂がいくつも続く下りだが、丸太の足場を踏み外さないように神経を使う。
コルから1時間ほど雪渓の左岸を通り、大樺沢二俣に着く。



ここには発電機のついた公衆トイレが2台置いてあった。
二俣からは大樺沢沿いの冷たい風の吹く気持ちの良い道だ、
雪解けの水が急流となって流れ下る小さな沢を数多くわたり、昨日通った分岐まで戻った。

  昨日と同じ逆のルートでジャンボタクシー2台に分乗、芦安の南アルプス温泉で汗を流し
昼食を済ませて、台風6号の影響で雨の降り注ぐ出発地郡山へ20:30に帰着した。



文・写真:悠山 写真:to-me、ha-min、みい