奈良山友会 山行の記録

中央アルプス
木曽駒ケ岳

2011年5月2日〜4日



<メンバー>
L.山の家、点の記、山遊亭軟弱

<コース・コースタイム>
<5月2日> 近鉄平端駅20:00集合(車)−24:40木曽川沿い某所にてテント泊

<5月3日> テント場出発5:30−上松駅6:15(タクシー)−滑川砂防公園6:45−
金懸小屋9:40−7合目半14:00(2,361m)にてテント泊

<5月4日> テント場発6:20−木曽前岳9:15−木曽駒ケ岳(2,956m)10:30−千畳敷駅12:15−
駒ケ根インターバス停13:35−中津川インターバス停14:35−
中津川駅(昼食)−上松駅 17:55−近鉄平端駅 23:00 解散


<5月2日>

この名前の組み合わせで、まともに計画書通りの山行が出来たためしが無いメンバー(私も含めて)に
不安を感じながら20:00 近鉄平端駅を出発。

東名阪でGWの影響か、少し渋滞はあったものの中津川インターに無事到着。
さあ本日の幕営地を探すべく19号をひたすら北上。
ここでやはり研ぎ澄まされた野生の感の持ち主であるL.が最適地を発見、そしてプシュ〜!
・・・しかし毎回こんな場所よぅ見つけるわ!!
・・・これは、まぎれもなく才能やなぁ!


<5月3日>

3時間ちょっとの睡眠で早々にテントを撤収して出発。コンビニで朝食を取り、
上松駅前のコインパーキングへ入庫(これがまた安い!まるまる2日間泊めて¥750)、
ここから無理やり電話で起こした(ゴメンナサイ)夜勤明けの寝ぼけまなこのタクシーに乗り込み、
まもなく滑川砂防公園に到着。

身支度を整え恒例のジャンケン!
『この山行は、原稿は書かんでいいやろぅ!』という私の意見は通るはずもなく
『一応掲示板で募集している山行ですから!』という、
わけがわからん理屈を2人にこねくりまわされてジャンケン実行!
当然確立1/2(L.を除く)でも勝つわけもなく(涙)・・・
ジャンケンという手法は当会では決して公平な決め方ではありません!
・・・これは声を大にして言いたい〜!!

天気は曇天で黄砂混じりのなか、低〜ぃテンションで登山開始。
いつものくだらない話(ここではとても書けません!)に花を咲かせながら
ぐんぐん高度を稼ぎやがて金懸小屋に到着。
小屋を過ぎてしだいに残雪が目につくようになり、
やがて泣きの壺足へと!(L.がチ○○を強打しながらも先頭で頑張る姿、あなたは立派)
さすがに3時間ちょっとの睡眠と背中の重さで口数も少なくなり、
七合目半あたりで神の助けかテント適地の出現(喜)。

本日の夕食は、ジフィーズのおこわ(今回、不味いという過去の私の概念は払拭された)と
山食としては贅沢な生野菜サラダてんこ盛り(これだけでも結構お腹が満たされる)の組み合わせ・・・
L.が今回の食事は軽量化重視と叫んでいたのに何故か私の背中に重たい生野菜?・・・言行不一致(・・;)
L.の近づく健康診断の数値改善協力キャンペーンのためアルコールもほどほどに就寝・・・
やっぱりおまえら飲んだんか、というツッコミが聞こえそう!

<5月4日>

夜中に雪混じりの風が吹いたので、起床してテンションの低いままテントの外を見ると、なんと良い天気♪。
天気に後押しされてぐんぐん高度も上がり、樹林帯を突き抜けていよいよナイフリッジを目の前にする。
例年より積雪が多いせいなのか万が一の状況か脳裏をかすめ、思わず息を呑む光景であった。
3人でアンザイレンで慎重に次々通過、ザイルを解いた時の安堵感は至福の喜び〜であった。

 

後は木曽前岳、木曽駒ヶ岳と踏破し、
スキーヤーやスノーボーダーで賑わう千畳敷カールを激下り、ロープウェー駅に到着。

今回特筆すべきは、このいいかげんなメンバーで計画通りに行く事もあるねんなぁ、ってところです。
・・・まさに神の御加護や〜!!
・・・多分もうこんなこと二度と無いわ!

文・写真:点の記