奈良山友会 山行の記録

局ケ岳から高見山まで縦走 パート1
若宮峠〜局ケ岳

2011年4月24日 晴れ



<メンバー>
L.ナカノオオエ SL.点の記 SL.PORORI
クー、ウオンテッド、みい、タンタン、JA、サンキュー、ha-min、トレモロ、ころり、てくてく
yokko、ロザリア、リギ、to-me、悠山、さよちゃん、スノーマン

<コース・コースタイム>
榛原駅7:10−若宮八幡宮8:20−若宮峠9:56−庄司山11:12−庄司峠11:30/12:00
P942 13:46−仁柿峠コース分岐−局ケ岳15:00/15:15−仁柿峠コース分岐−15:30−仁柿峠登山口16:14


局ケ岳から高見山まで4回に分けて登山バス使用で登ろうという計画の1回目です。
下見に行かれた点の記さんによれば「拷問を受けるようなアップダウンの連続」とのこと
ビビりながらも覚悟をしての参加となりました。

若宮八幡宮から5回ほど渡渉をしながらの登りです。
心配していた水嵩も少なく難なく通り過ごしました。



その後急坂の連続です。



若宮峠に近づくとカタクリの葉があちこちで見られるようになりました。
やっとの思いで若宮峠に着きました。小休止の後庄司峠目指して進みます。

アップダウンの連続です。
カタクリの花も時々見かけますが屈みこんで写真を撮る余裕はありません。
これから目指す局ケ岳の三角錐が段々に大きく見られるようになると疲れも少しは癒されます。



尾根道は風当たりが強くて少し寒いぐらいです。
風の当たらない、広々とした丘の庄司峠で昼食タイムです。

ここではカタクリが見事に開花していてカメラに納められました。
30分はあっという間に過ぎて重たいお腹で局ケ岳の登りに入ります。

分岐に荷物を置いて頂上を目指します。
大きな反射板は興ざめですが、今日登ってきた尾根筋が見渡せて、
あれが三峰山、修験業、栗の木と展望を楽しみます。

あとは下り一方の道ですが結構急坂で気が抜けません。

予定よりも1時間早く仁柿峠登山口に着きました。

皆満足感いっぱいの顔でバスに乗り込みました。



文・写真:クー 写真:クー、トレモロ、リギ




gpx