奈良山友会 山行の記録

鳥見山から長谷寺
~予定外の大雪にかえって満足~

2011年2月11日



<メンバー>
L.TAKACHAN  SL.ころり 
さよちゃん、to-me、花園、ロザリア、タンタン、マックパパ、クー、Teo、buhiko、yokko、もっちゃん、悠山

<コース・コースタイム>
榛原駅 9:50-鳥見山公園 11:00-鳥見山頂 11:30-展望台-
鳥見山公園 12:00(昼食)12:25-高束城址-初瀬ダム 14:10-長谷寺温泉「井谷屋」 14:40


朝起きると外は天気予報通りの銀世界で、まだまだ積もりそう。
JRの運休で来れなくなった残念な人もいたが、榛原駅に集まったのは14人。
雪で真っ白な住宅地を抜けて、「鳥見山公園」への標識通りに登山道に入り、ややきつい登り。
さすがに朝からの厚着のままでは汗ばんできたので各自薄着に。
しかし、そんな登りは少しの間だけ。
スタートから1時間ばかりで鳥見山公園の池畔に到着。
見晴らしはないが、水墨画のような雪景色を楽しむ。
 


鳥見山頂を目指す。山頂は見過ごしてしまうほど簡単な標識があるだけでインパクトも見晴らしもない。
貝ケ平山まで足を延ばす予定だったが、
どうせ見晴らしも悪いだろうから、とパスして30分余りのピストンとなる。

 

山頂への登り口に近い展望台からは、
もし晴れていたなら遠くに望めるはずの山上ケ岳などの山々を想像し、
それでも真っ白な雪景色にわりと満足。
 


公園の東屋での昼食も、だんだん寒くなってきたので程々に出発。
目指すは下山後のあったかーい長谷寺温泉。
ひたすら東海自然歩道の標識に従って歩く。

雪の重さで竹がしなって歩きにくい部分はあったが、普通のハイキング道。
四帖半くらいの城しか建てられない狭さの高束城址で少し雪遊びの後、
急な石畳の道を滑りそうになったり、
木に積もっていた雪を頭からかぶったり・・・を楽しみながらダム湖畔へ。


 
ここまで来れば、長谷の街はもう少し。
結局、だれも長谷寺には参詣せずに、3時前には、殆どの人が井谷屋の広々とした明るい温泉に浸かり、
ほっこりしたのでした。入浴後はやっぱりビールで乾杯。

前日の天気予報があまりにも悪かったので中止することも考えた山行だったが、
かえって雪景色が楽しめて参加者は「雪でよかった」と喜んだ。
今回の教訓「雪で中止はありえない」




文・写真:TAKACHAN  写真:ロザリア・yokko