奈良山友会 山行の記録

大台ドライブウェイからキワダズコへ

2011年2月10日(木)~13日(土)



<メンバー>
L.山の家 SL.点の記
山遊亭軟弱、porori、サンキュー、ウオンテッド、JA

<コース・コースタイム>
(2月10日) 1日目
近鉄上市駅 21:40(タクシー)-伯母峰トンネル 22:20-テント泊 22:40

(2月11日) 2日目
起床 5:00-テント撤収・出発 6:40-冬季ゲート 8:50-
テント設営(駐車場手前9km付近) 13:30-テント泊 20:00

(2月12日) 3日目
起床 6:00-テント撤収・出発 8:00-ピーク[キワダズコ] 9:10-冬季ゲート 12:00-
伯母峰トンネル 13:30-近鉄上市駅 14:30(タクシー)


 週間天気予報によるとこの山行期間中は、この冬最高の寒波が予想されるとの事でしたが、
予定通り決行ということなので、25年ぶりの冬山テント山行に期待と不安をいだきながら、
お蔵入りになっていた装備?をかき集めて参加しました。

初日は国道から少し離れた林道沿いの新雪上のテン場で、明日に備えて軽く酒盛り。 
 翌日は予想通りの雪景色の中、食事そしてテント撤収をあわただしく済ませ出発。
気温は想像していたほど低くなかったが、新雪とやはり冬山フル装備の重量も堪えたのか、少し歩くと汗ばんできた。



その後降りしきる雪のドライブウェイを、ひざ下まで積もった新雪を交代でラッセルしながら、
モノクロの単調な雪景色の中を歩き続けたが、
雪のドライブウェイにテンションもあがらず全員の体調や天候を考え、駐車場手前9キロ付近でテントを張ることになった。



この頃には雪もほとんどやみ全員大テントで長い楽しい酒宴が始まった。
そして明日のアタックについても話し合ったが、
現在地と明日の天候そしてなによりも全員の登頂を考え、最終的に1,455mピーク[キワダズコ]に決まった。



3日目は予想に反して澄み切った青空。
目の前には和佐又から大普賢岳そして熊野へと続く大峰の山々が見渡せた。



その後全員ハイテンションで、朝日に輝く樹氷の中を登り全員無事[キワダズコ]登頂に成功しました。
記念写真を撮って下山を始めると、待っていたかのように雪が降り始め、
振り返ると[キワダズコ]は再び深い冬の帳に閉ざされ、二度と我々の視界にその姿を現すことはなかった。



文:JA  写真:山遊亭軟弱・porori