奈良山友会 山行の記録

丸 山

2011年1月22日(土) 曇り


 
 
<メンバー>
L:山の家
Aチーム:porori、buhiko、ロザリア、悠山、ナカノオオエ、
Bチーム:点の記、リギ、キレイ、ウォンテッド、JA、トレモロ
Cチーム:軟弱、ころり、サンキュー、タンタン、yokko

<コース・コースタイム>
佐目 駐車場10:00 - 登山口10:35 - ワカン装着11:00 -斜面登りきり平坦な地形 13:00 - 14:00 丸山山頂 14:30 -
登山口 15:50 -左目・駐車場 16:30


 「丸山」は滋賀県・多賀町の「多賀大社」近くより、
東に延びる国道306号線「左目」から北北東に位置する。「高室山」の西にある。

 7:00 近鉄・平端駅集合、小型バスに乗り込み名神高速を走り、「彦根インター」より滋賀県・一般道へ入った。
平野部は薄っすらとした雪景色、山々へ目を向けると、たっぷり雪が積もってそうだ。
 「左目集落」にてバスを降り、緩やかな登り坂の集落を抜け登山口へと向かう。

歩道西側には川が流れ堰堤に出会う。そこより登山道になる。
 進路は北北東から東にとり急斜面にとりつく。

 人が入った形跡は無く、トップがトレースを付けていく。雪が深い・・・
トップは体力が必要だ。30分程登り、リーダーよりワカン装着の指示が出た。



 ラッセルは交代でする。傾斜角度は50°程ある。持っているピッケルはすっぽりと雪の中に埋もれた。
ワカンが威力を発揮する。



ちなみに私はワカンを持ち合わせていなかった。ラッセルの順番が廻ってきてトップに立った。
なんとかなるだろう・・・雪を掻きわけ潜りながらでも進もうと思った。

足を斜面にかけると足と一緒に雪がサラサラと下方へ流れ落ち、上部へ行くことができない。
雪面が締まっていない。何度試みてもダメだった。
まるで蟻地獄のようだ。後方から声がかかった。
「無理や~。ワカンつけてる人と交代!!」申し訳ないと思いつつ後ろへ回った。



斜面を登りきり平らな地形に出た。行動食にて胃を満す。もう既にPM1時になっている。
丸山までは近い・・・
丸山山頂にて賑やかに集合写真を撮り、同じコースをピストンで下山。



さあ傾斜のキツイ斜面を下ります。
ワカンのままの方、アイゼンをつける方、登山靴の人、それぞれ好きなスタイルで下っていきます。

一歩一歩、朝の足跡を踏みしめながら降りていく。眼下には滋賀の平野が見える。これは快適な下りだった。
登山口到着3時50分。雪を落とし、スパッツをはずし、バスに向け集落内を歩きます。

バスに乗り込み多賀町役場内併設の温泉へ立ち寄った。
入浴中に女湯内の電気が総て消え停電。ヒューズが飛んだらしい・・・
そんなハプニングもあり、再びバスに乗り込み車中にぎやかに過ごし、奈良へ到着です。

丸山は標高673mと低山ですが、さすが滋賀県の山、雪がいっぱいありました。
楽しい雪山山行になりました。



文:yokko 写真:トレモロ・porori