奈良山友会 山行の記録
 
摺鉢山・烏谷山・葛川越
晩秋の比良を楽しみ、坊村から最短で琵琶湖側に横断♪

2010年11月21日



<メンバー>
L:to-me、SL:buhiko
クー、点の記、キレイ、タンタン、
リギ、悠山、porori、ナカノオオエ、ha-min

<コース・コースタイム>
7:40 京阪出町柳集合(京都バスにて)-8:40 坊村(林道歩き)-9:38 牛コバ―
10:13分岐の杉-11:00摺鉢山-11:30烏谷山(昼食)-12:20葛川越-
13:45大岩谷分岐-14:00中谷出合下-14:54JR志賀駅


 今回の山行は、晩秋の比良を楽しみながら
坊村から最短で琵琶湖側に横断するというコースでした♪

 個人的には明王谷周辺は、以前渓流釣りや沢登りで何度か訪れたことがありましたが、
林道への車の乗入れ禁止以降は足が遠退いてからは久しぶなので楽しみです。

 今朝はうっかり寝坊をしてしまい、飛び出すように家を出た為、
出すものを出さずに電車に乗ってしまいました…
高の原駅を過ぎたあたりからお腹がゴロゴロ!!…これはヤバイ!!…

車中ナカノオオエさんが来年の読図山行の計画を地図を出して
丁寧に詳細に説明されるも殆んど上の空…
前屈みに座ってじっと腕時計を見つめながら波のように何度も襲ってくる腹痛、
それにしても1分経つのが長いこと…

冷や汗が額を流れ…やがて大久保駅で腹痛もピークを迎え…
殆ど薄れる記憶の中、丹波橋駅での乗換♪…
天の助けか乗換に約10分…本日は丹波橋駅にて無事マーキング終了…

どうもここで本日のを使い果したようで→
恒例のジャンケン大会に負けて、結果この原稿を書いております。
 
さてさて山行記録に戻りまして、
本日は紅葉を求める人であふれかえる京阪出町柳駅から坊村までバスに乗り約1時間、
バスを降りた瞬間『寒っ!!』と京都市内との気温差にとまどいながら前述のジャンケン大会…
『その運を年末ジャンボに使ったら(^^)』などと嫌味を言われながらの出発。


出発地の地主神社の紅葉

 紅葉を愛でながら軽快なペースで林道を進み、伊藤新道分岐を右に見送り程なく牛コバに到着。
ここから奥ノ深谷左岸尾根の登山道を快調なペースで高度を上 げて、
半時間で分岐の目印テープある杉の木に到着。
さぁここからが登山道に別れを告げて本日の一番の登りです、
踏み跡の無い標高差300mの直登を大汗か きかき落ち葉を踏みしめて登りつめて
ようやく摺鉢山(1,006m)到着です。

 
摺鉢山

 摺鉢山で一息ついた後、尾根伝いに半時間で烏谷山(1,076m)に到着、
ここで眺望を楽しみながら私の大好きな昼食タイム♪


烏谷山山頂からの打見山と蓬莱山

 昼からは烏谷山を後にして、今度はひたすら激下りが待っております。
葛川越までは急峻な尾根通しで下ります。
葛川越で縦走路と別れて左に折れここからは伏流している谷筋の下降となります。

次第にガレ場から大岩が目立ち始めたところで本来の巻き道から外れてしまい、
落差のある崖で前進を余儀なくされリーダが巻き始めたが足場の確保が不安定な為、
全員の安全を考慮して大きく高巻きして無事通過。
結果ここが本日の一番の難所でした。


葛川越先の谷筋

 後は順調に登山道をひたすら高度を下げて、
徐々に紅葉も目立ち始め気持ちよく中谷出合下に到着。

 
名残惜しい紅葉

中谷出合下から先は、舗装路をひたすら志賀駅に向かうだけです。
志賀駅近くで今日もいっぱい汗をかいて頑張った自分にご褒美にとコンビニでプシュ~♪
ゴクッゴクッ♪…山友会の山行は楽しい~ぃ♬


~補足~

京都駅付近でも反省会と称する怪しげな宴でもゴクッゴクッ♪
なんせ、山行に京都の焼き肉屋の半額割引券を持ってくるわけですから!
・・・反則やわ!・・・お嫌いですか?お好きです(^^)


文:点の記 写真:点の記、to-me、クー、porori