奈良山友会 山行の記録

狼 平

2010年11月14日



<メンバー>
L.サンキュー SL.ウォンテッド
タンタン、もっちゃん、ロザリア、buhiko、ha-min、miichan、JA

<コース・コースタイム>
7:00橿原神宮前集合-8:42林道終点-8:52登山口-9:22栃尾辻9:30-熊渡り分岐10:02(小憩)-10:47ナベの耳-
11:15日裏山・明星岳分岐-11:32狼平(昼食)12:18-12:40日裏山分岐-13:00ナベの耳-
13:10熊渡分岐13:20-13:30巻き道分岐-14:00 1518ピーク-14:10天女の舞14:20-14:32栃尾辻-15:02林道終点


今日は朝から黄砂の影響もあり、曇りです。
念願の、狼平への山行なので、ワクワクしています。
2台の車に分乗させていただき、いざ、出発!。

天川、坪内から細ーい林道に入り、そのうち二車線になるのとちゃうかと思うほど
立派な舗装路を通り、最後は石ころだらけのガタガタ道を、
ヘリポートの真下まで上がっていただきました。かなりの高さです。
登山口から栃尾辻まではなんなく到着。
始めは緊張しているのか、景色目に入らずです。



頂仙岳ふもとまでは、ブナを中心に何種類かのカエデ類や、トウヒホウの
林が続き、落ち葉のじゅうたんの上を歩くのは快適と言いたいのですが、
登りはハートがパコパコするわ、大汗は出るわ、初心者の私としては、楽しむ余裕がございません。

頂仙岳を過ぎた頃から、地面やナースログが綺麗な苔におおわれて
思わずさわってみたくなりました。森の精が出てきそうな雰囲気です。

少し急な下りを降りると、吊り橋が見えて来て
目指す狼平に到着です。



狼平には、昔製材所があったと読んだ事があるので、もっと広いところかと思っていましたが、以外にせまかった。
しかし、弥山川の清流と、吊り橋と、素敵なログハウスがある、素晴らしい所です。
オオヤマレンゲの木も何本かあり、花の咲く頃、是非また来たいものです。



弥山川には天然記念物のキリクチ(イワナ)が、何匹もつがいで泳いでいました。



帰路、天女の舞に立ち寄りました。
正面に見える稲村ゲ岳や大日岳が雲にかくれてしまっていて、残念!。



天女平からは稲村ゲ岳を横に見ながら、落ち葉の絨毯も快適で
葉を落とした木々もトウヒの深い緑も凛として美しく
この景色をなるべくけがさないよう、L.のように静かにやわらかい足運びで下って行こうとするのですが、ドテッドタッであきません。

リーダーの足元ばかり見て歩いていたら、そのうち動物のうんちが気になりだし、
鹿のうんちはわかるのですがニャン子サイズのうんちを何回も見るけれど、何の動物なのかさっぱりわからない。
でも、彼らの息使いが聞こえてきそうで、嬉しくなりました。



栃尾辻も素通りでどんどん下り、登山口に帰り着いた頃には太陽も顔を出し、



陽の光を受けて輝く錦織りなす美しい紅葉を見ることが出来ました。


林道中腹の素晴らしい紅葉!。

最高の一日でした。感謝感謝...




文:miichan 写真:ロザリア・ha-min