奈良山友会 山行の記録

高島トレイル
三国峠~オクスゲの池

2010年10月17日(日)



<メンバー>
L..ロザリア SL.花園
マックパパ、タンタン、クー、サンキュー、さよちゃん
みい、山寺、buhiko、ウォンテッド、もっちゃん

<コース・コースタイム>
生杉ブナ原生林登山口9:20-9:55三国峠10:00-
10:20ナベクボ(クチクボ)-10:55 P709-11:30 P709(昼食)12:10
-12:20オクスゲの池12:30-13:20ナベクボ13:30-14:30登山口


近鉄高の原駅7時出発。車三台連なって、京奈和~名神~湖西道路を経て、朽木生杉休憩舎林道ゲートに9時到着。

先ず、全員が地図にコンパスを合せ、各自準備体操をしていざ出発。
登山口に入ったいきは足元が水っぽく、じゅくじゅくだが、すぐに急な階段から急峻な登山道 を峠まで30分余りを一気に登る。
峠からはアップダウンはあるものの緩やかな登山道となり、
踏跡も高島トレイルの黄色く長いリボンがしっかりあり、迷うこ とはなく会話がはずむ。
熊の出没除けに良かったかも。(歩数より口数多しもみじ山)
 
 

山はブナ主体に落葉樹が混じり、芦生杉が点在する自然林で、
この日のコースは同じような景観に終始するも時に木の間越しに若狭の山も望め見飽きない。
楢、橡等実をつける木々もいっぱいあるのに実がついてない。落ちてない。これでは熊もひもじかろうと頷ける。

 

天候は概ね薄曇りで、時折射す木漏れ日に軽い暑さを感じるも、吹く風はひんやりと優しい。
期待の紅(黄)葉には少々早かったが、真っ赤に燃える紅葉を見つけては、歓声が上がる。
森林浴たっぷり、おしゃべりたっぷり。実に楽しい一日でした。

 

余談です。「三国」は岳が「サンゴク」、峠は「ミクニ」と読みが違うのをこの日に知りました。


文:もっちゃん 写真:ロザリア・クー