奈良山友会 山行の記録

笠ヶ岳
会依頼山行

2010年7月17日(土)〜19日(月)



<メンバー>
L.サンキュー 山の家、点の記

<コース・コースタイム>
 <7月17日> 大和八木(7:30発)−(9:15着)近鉄名古屋(9:15着)−名古屋(9:43発)−<ワイドビューひだ5号 > −
(12:13着)高山−高山濃飛BC(12:40発)−(14:13着)新穂高−(15:37着)わさび平小屋

<7月18日> わさび平小屋(5:08発)−(8:10着)鏡平小屋−(9:40着)弓折岳−
(10:40着)大ノマ岳−(13:12着)抜戸岳−(14:50着)笠ヶ岳山荘

<7月19日> 笠ヶ岳山荘(4:15発)−(4:30着)笠ヶ岳−笠岳山荘(5:50発)−笠(7:00着)新道分岐−
(8:00着)杓子平−(10:13着)笠新道登山口−(11:10着)温泉−新穂高 (12:55発)−
(14:30着)高山濃飛BC−高山(15:45発) −(20:10着)大和八木解散

1日目
前日までの梅雨空に気持ちをやきもきさせながら、当日の朝『どやさ〜!この天気!』と言わせるような晴天。
御世辞にも日頃の行ないが良いからこの天気だと胸を張って言えるメンバーは見当たらず…恐るべき笠ヶ岳!の静かな幕開けでした。

今回は電車とバス利用の為か、車中快調に嫌いでないアルコールを戴きながらあっという間に新穂高温泉に到着。

そこから、わさび平小屋までは22歳のKさん(本日よりわさび平小屋でのアルバイトのため、和歌山市から到着!)と楽しく話しながら1時間、
あっと言う間に小屋に着きました。…山の家さんの合法的ナンパ?会員勧誘?です!



2日目
早朝の涼しい空気に背中を押されながら、L.の快調な歩行に引っ張られぐんぐん高度を稼いでいきました。
途中、兵庫県からの単独テント泊の若き女性のKさんとも知り合いになれ(またまた山の家さんの合法的ナンパ?会への入会勧誘?)
先行したり抜かれたりしながら緊張の雪渓のトラバース等も順調に通過していきました。

やがて視界が開け鏡池に到着、ここでは風もなく逆さ槍が綺麗に水面に映し出されていました。



そこからしばらく登りつめると弓折乗越です。リーダーの『これで本日の登りは終ったようなものですよ♪』の言葉に心を良くし、弓折岳に到着。

はるか彼方に笠ヶ岳?(本当は抜戸岳を見ていたのですが)を眺め、途中に大きな雪渓の直登が気になり、
下山者に雪渓の状態などを確認しながら無事雪渓も登り切り『あそこまでなら縦走を楽しんだ頃に着きますよね〜!』なんて・・・これが大きな間違いで、
秩父岩のあたりで笠ヶ岳と思っていた山の遥か彼方にガスの切れ間からそびえ立つ山があるではありませんか!!

 『まだあんなに遠いんかい!↴↴↴』と、ただただ笠ヶ岳山荘でのビールだけを各自頭の中にえがきつつ、言葉数も少なく修行のような歩行となり ました。
それでもなんとか山荘に着き・・・プシュ〜!・・・旨い!
偶然、前述のKさんとも山荘前で出会い、みんなで楽しく宴会♪
山荘はこの時期のお決まりのような1枚の敷布団に2人の状態。
山の家さんの交渉により3人分の毛布だけgetし、廊下、食堂等にて各自持参のシュラフカバーに包まって就寝!
・・・アルコール切れで私は熟睡できず!

3日目
夜明け前に笠ヶ岳の頂上を目指し、槍ヶ岳後方からの日の出を充分満喫し、山荘へ戻り食事を済ませて昨日のコースを笠新道分岐まで踏み直しです。
あとは笠新道をひたすら降りるだけです。・・・つくづく登りで笠新道を使わなくて良かったなぁ〜!と思ったのは私だけではないはずです。

恐るべき笠ヶ岳!・・・主峰を一つ行って帰るだけやろぅ〜!と御思いのあなた、ご注意めされよ♪

追記 Kさんとは下山後の温泉でも偶然にお会いしました・・・お疲れ様でした・・・
多分山の家さんとの相性が良かったのでしょう!・・・またどこかの山でお会いしましょう!


文・写真:点の記