奈良山友会 山行の記録

法主尾山
夏の例会山行+搬出訓練

2010年7月4日(日)



<メンバー>
L.ナカノオオエ SL.porori
訓練指導:山の家
to-me、ウオンテッド、サンキュー、ころり、タンタン、ヨーチャン、ミサチャン
ロザリア、ha-min、悠山、pike、tomosan、TAKACHAN、てくてく

<コース・コースタイム>
橿原神宮前駅7:30−9:55風屋ダムサイト−登山口10:10−サイレン塔−11:20 802m地点−痩せ尾根−
12:00ブナ平(昼食)12:30−12:55山頂−ブナ平(搬出訓練)14:20−15:55登山口−−橿原神宮前駅


前日の本降りの雨と新聞の天気予報を見ていると、「明日も雨で山行があった としても、あ まり歩かないだろう」と考えて、
温泉セットを一番しっかりと準備してきたが、雨は朝少し降っただけで午後には晴れ間まで出る予想外の山行となった。
イン ターネットのピンポイント天気予報を信じたリーダーの勝利だった。

ともあれ、バスが到着したダムサイトの登山口から1時間あまりの802m地 点までは急登 で、しかも非常に蒸し暑く、すぐに汗だくになる。
その後、緩やかなアップダウンのそれ程痩せていない「痩せ尾根」を通り、12時にブナ平に到着。
ここは、 明るいブナ林。しかも、涼しい風が気持ちよく吹き抜けていく。

ブナ平で昼食を食べるとピストンで山頂を目指す。25分足らずで山頂に到 着。展望はなく風通しも悪い。



ブナ平に戻ると、ここで、山の家さんを講師に搬出訓練。
メインは、ザックと 雨具上衣を利用して怪我人を担ぐ「おんぶ衣」を作り、おんぶを体験すること。
お んぶする本人と前で支える2人、後ろから引っ張る2人の合計5人が必要で、しかもその重いこと! しんどいこと!
(担がれた人は体重70kgの山の家さん)
結局、怪我をしないことが必要だ、ということだけが理解できた。

訓練後、予定より早いペースで下山。
バスの中では、早速缶ビールを開ける音 が鳴り響き・・・
下ネタが嫌いではない私でさえ「ここまで落ちるか」と感心するほどの話もあの人の口から鳴り響き・・・
久しぶりに山友会の本領を見た1日 でした。



記:TAKACHAN 写真:porori pike