奈良山友会 山行の記録

常念岳

2010年4月30日〜5月3日


 
<メン バー>
L.山の家 SL.山遊亭軟弱
pike、porori

<コース・コースタイム>
<5月1日> ヒエ平登山口 8:45−常念乗越 14:40
<5月2日> 常念乗越 5:50−常念岳2,857m 7:45-9:40−常念乗越 10:30-11:40−大滝ベンチ 14:08−ヒエ平 15:17
 

長い雪渓の最後の1歩を踏みしめて頂きに上がるとそこは天上界、幕が切って落 とされた白い峰々が林立する天上界。
 
朝日に輝くアルプスの山々、1点の曇りもない紺碧の空、光を映す雪、幻想 の雪紋、フゥッ〜と軽い目まいを感じ次の瞬間我に返る。
これは紛れもない、本当に、本当に私の時間…?
 
4月30日
昨夜20時 に近鉄平端駅を車で出発し駒ヶ根SAで仮眠します。夜空は晴天を確約するお月さま、祈る気持ちで短 い眠りに付きます。

5月1日
豊科ICを下り豊科駅近くのNタクシーの無料Pに車を置き、タクシーで常念岳 一の沢登山口へ向かいます。
パレットからあ ふれたような青い空に前常念岳が真白に光って魅了します。
「早くいらっしゃい」飛んで行けるものならすぐに飛んで行きたいです。

登山口(標高1,260m)から小1時間も歩かないうちに雪道になり、スパッ ツ とサングラスを慌てて装着します。
怖いほどの日差しに何年か前のGW、立山で全員メガネザルになった苦い経験を 思い出しました。
 
聞くところによると昨日吹雪いて4〜50cmの積雪があり、常念から先のト レースが ないとのことで少し不安がよぎりますが、
今日はたくさんの人が上っているのでとにかく常念までは大丈夫でしょう。
所々先客が雪を踏み抜いているところがあ りそれは殆ど足が全部埋まる深さの大穴です。脱出が大変だったことでしょう。
 
大滝ベンチを過ぎ(ベンチは雪の中)数回沢 を横切り緩やかな林の道から、
横通岳を右手に見る頃いよいよ本格的な上りが始まりアイゼンをつけます。
雪と空、白とブルー、この上なく美しいコントラスト の中1歩1歩慎重に雪を踏みしめて行きます。
胸突き八丁の最後の急登はかなりキビシイも のがありますが、前常念がぐっと近く迫り、
雪はあくまでも白く、空はあくまでも青く、目指す常念も輝いています。



あの白く光る稜線まで…、あの紺碧の空ま で…、あの夕陽まで…、と言いながら数歩歩いては大きく息をつき、
だんだん周りを見渡す余裕もなくなりただ足元を見つめるばかりです。
ほら!上を見てごらんなさい!あんなに美し い雪が、あんなに美しい夕陽が、
あんなに美しい常念岳が! 待っています。
 
下から不気味に見えていた雪庇も夕陽に照ら されてこんなに美しい!
動に変わらなければ雪庇も今は美しく静なる雪です。



常念乗越(標高2,460m)に着くと先ず目に飛び込んでくる白い 槍ヶ岳、ガチガチの穂高連峰、思わず歓声と飛び上がりたいほどの感動です。
苦しかった雪渓の上りもどこかに行ってしまってこの瞬間ただ手放しでうれしさだ けが込み上げて来ます。
ゆっくり、穏やかに、煌きを残して夕陽が白 いアルプスに落ちて行きます。言葉もなく見つめるばかり…。
 
さぁ、カンパイ!最高のbeer!おつまみはオイルサーディン!
今夜はシェフ山の家さんの新メニュー「ミネ ストローネ」フレッシュ野菜も入って甘酸っぱいトマト味が疲労した体にモリモリ元気をくれました。

5月2日
昨 夜はかなり寒くて風が強くテントがパタパタしていました。
今まで雪のテントでもシュラフとカバーで寒いと思ったことが無かったのに昨夜は初めて寒いと感じ ました。
テントの中のザックに入っていたお茶がシャーベット状に凍っていましたからかなり気温は下がったのでしょう。
もちろん靴もテントの中、昨夏テント の中でカメラが水没した経験上カメラはシュラフの中です。
朝の常念岳は一段と輝き神々しいばかりで す。真白の雪を踏んであの頂へ行く、と思うだけでもう心が踊っています。
 
アルプスの真っ只中へ、go!go!
 
そこは天上の世界、雪と空と光が絶妙なバラ ンスで魅せる天上の世界です。
雪は厳しい条件下で様々な表情を見せます。
それをカメラに収めたくてザックをかついだままついかがんだり、座ったりしてしまい立ち上がるのに一苦労です。



前常念と鹿島槍を背負っているpikeさんと軟弱さん


常念へ最後の上りを行く山の家さん


朝日の中のシルエット!

 
そして山頂です。標高2,857m
 
ザックもピッケルも放り出して360度の大パノラマに感無量です。
乗鞍、御岳、 槍、穂高、表銀座の山々、後立山、ぐるっ〜と何度も何度も見回して、それでもまだまだ見渡して、
出来るならこのパノラマの中でこのまま時が凍結すれば良 い!
 
蝶ヶ岳から徳沢へ下る予定でしたが、
トレー スがないのと常念からの下りは雪と岩で足場も非常に悪そうなのでL.とSL.でコース検分中、
私は恐れ多くもアルプスの 真っ只中で夢心地、陶酔境を独りさまよっておりました。
 
蝶ヶ岳への縦走は諦めて、では前常念岳から 三股に下ろうとそのルートを見に行ったL.が
「とんでもない、蝶より危険なテカテカの ナイフリッジ」という事で来たルートを引返すことになりました。
あんなに苦しかった雪渓も下りは半分滑って、たわいなく雪と遊んで下ります。
 
冷たい沢水で顔を洗うともう白い峰々ははる かに遠く、一つまばたきをして夢うつつの雪と氷の世界から日常の現実に戻るのです。
 

 
文:porori  写真:porori、山遊亭軟弱、pike