奈良山友会 山行の記録

鈴鹿セブンマウンテン
藤原岳
〜花の百名山〜

2010年4月10日(日)


<メンバー>
L.花園、SL.さよちゃん
ヨーチャン、ミサチャン、yokko、porori、タンタン、悠山、buhiko、サンキュー、チョモランマ、to-me、点の記

<コース・コースタイム>
聖宝寺登山口(聖宝寺道) 10:00〜八合目 11:45 〜 藤原岳避難小屋 12:58 〜
13: 20 展望丘(1,140m) 13:40 〜 藤原岳避難小屋 〜 八合目 〜 (大貝戸道) 〜 大貝戸登山口 15:30


車3台で鈴鹿山系のセブンマウンテン (草花の百名山藤原岳)へ向かう。
山の姿は近いのだがなかなか着かない(標識で残り10q表示)。
やっと三岐鉄道(西藤原駅)を通過した。

大貝戸登山口の無料駐車は満車。西藤原小学校前の有料駐車場(9:45)に止める。
車のナンバーを見ると福岡・広島・金沢・神戸等、高速賃1,000円の恩恵で人気の藤原岳に来ているようだ。

私は08年4月19日に藤原岳に登っている。
今日も前回のような好天気に恵まれ、駐車場の桜も満開で楽しい山行きになりそうだ。

聖宝寺登山口(10:00)スタート〜広い階段(280段)を登りきった所に鱒の養殖場(釣れる?釣れない?)
登山道に入るとジグザグ急登となり、直ぐ長命水(10:11)飲むと3〜4才寿命が延びるのではと会話するも誰も飲まず
(全員、命が延びるのをあきらめた?)

その後2〜3合目とぐんぐん高度を稼ぐ、4〜5合目付近でエイザンスミレ等見かけ登りも少し緩やかで歩きやすい。
6合目付近から草花が見えるらしい。ニリンソウは葉っぱのみ(普通だと登山道に埋め尽くされる)。七合目あたりで福寿草が顔を出す。



大貝戸道の合流点(八合目11:45)。昼食(30分程)。
木が茂り、山頂部北側の伊吹山を望めず(ここまでゆっくり歩いて1時間45分)。

ここから冬期道か山側かが意見わかれ、結局山側へ(12:15)。
しばらく歩くと福寿草の群生地帯に出くわす。ジグザグの急登を最後に登り、避難小屋(1,090m)−12:58 到着。
藤原岳の頂上が、拝める。

13:08小屋より南側へ少し下って登り返す(雪が解けて足もとが柔らかい)。
藤原岳の頂上から展望(1,140m−13:20)は、好天気で素晴らしい。
大パノラマ景観(伊吹山・鈴鹿の山々)

点の記さんの小型コンパクトの望遠鏡(ニコン7x15)で、
雪渓が見える、見えない? 裸眼のほうがよく見える? とか、 
コンパクトの望遠鏡の購入方法等、話題が豊富である。

下山は(13:40)、大貝戸口を下りる。
8合目分岐(14:20)まで引き返し、分岐を右に。

15:30 大貝戸登山口に到着。楽しい登山の一日でした。

帰りは、2度渋滞に車が巻き込まれたが、うまくすり抜け天理駅に16:15着。

皆さんお疲れさま、車を運転して頂いた人にはご苦労さまでした。


文:タンタン 写真:porori