奈良山友会 山行の記録

山本山〜賤ヶ岳縦走
花チーム例会

2008年11月2日(日) 曇りのち晴れ



L.マックパパ 参加者20人

コースタイム
高の原駅7:00−8:20多賀SA8:40−9:40山本山登山口9:50−10:20山頂10:30−11:50西野集落分岐(昼食)12:20−
13:50賤ヶ岳リフト乗り場14:00−14:05賤ヶ岳山頂14:30−16:15自然休養村センター16:35−17:00己高庵(温泉)17: 55−18:15草津PA18:30−巨椋IC18:47−19:45近鉄奈良駅


今期、マイクロバスを使用しての花チーム例会を滋賀県湖北の山本山〜賤ヶ岳の縦走を計画しました。

バスの手配・前日からの天気予報と当日まで心配ばかりでし た。
 参加者20人と会員数の1/3の方が集まり、朝からハイテンションの方も居 られ道中のバスの中は賑やかに盛り上がっていました。
途中、名神多賀SAに寄り休憩と買い物を済ませ、山本山登山口に移動しました。
長浜ICを降り、国道8号線を北に向かうと左前方に今から登る、山本山の姿が見えて来ました。

朝は曇っていましたが、時間が経つにつれ晴れて来ました。目的地の登山口に着き、各自登山準備をして山本山へ登り始めました。
登山口から登りに途中から 汗が噴出し、汗が流れ落ちます。いつもは琵琶湖からの風が強く吹いているのですが、今日は風が全く無く、登っていると暑い位でした。
黙々と登り事、30分 でやっと山本山の山頂に着きました。

ここからは琵琶湖の眺めが素晴らしく、竹生島やびわこパークウェイの岬が見えます。
もう少しガスが無ければ今津方面も はっきり見えるのですが、今日は霞んでいました。
ここで集合写真を撮り、縦走路を進みました。

尾根筋を下ったり登ったりと繰返し、左側に琵琶湖を木々の間 から見て、右側は高月町の田んぼや奥伊吹の山々を見ながら進みました。
歩き始めて2時間経ち、西野集落分岐の広い所に出たので食事をする事にしました。



食 事後、直ぐに登りが始まりまたまた汗だくになりました。

稜線上を歩いていますが、紅葉は少し早いようです。所々で木々が黄色く色づいている所はありますが、赤く色づいている木は少ないです。
1時間30分でリ フト乗り場まで来ました。ここから奥琵琶湖の眺めを見るために小休止。後少しで賤ヶ岳山頂です。

 賤ヶ岳山頂に着くと、余呉湖が眼下に見え奥には岐阜の山々が幾重にも見えていました。
今回は、晴れ渡った秋の休日を山友会の仲間と楽しみながら歩けた事 を、とても良かったと思いました。
ここからはほとんど下りとなり、余呉湖を目指して歩き出しました。

 少しのアップダウンはありましたが、何とか湖岸の道路に下りて来れました。
バスの待つ休養村センターまで余呉湖を見ながら10分ほど歩き、バスに乗り込 み温泉で汗を流し帰路に着きました。


 今回のコースは、縦走路としては少しのアップダウンで、琵琶湖や余呉湖が見れる所なので、奈良の山とはちょっと違った雰囲気のコースだったと思います。
 参加者の皆さんが喜んでいただけたのが一番です。紅葉にはまだ早いようでしたが、気持ちのいい山歩きが出来たと思います。


文・写真: マックパパ