奈良山友会 山行の記録

御池岳

2008年4月5日(日) 晴れ

鈴北岳

<メンバー>
L.マックパパ 計8人

<コース・コースタイム>
近鉄平端駅 6:00−名阪上柘植IC 6:45−7:15 日野町 7:25−7:55 多賀町役場 8:05−
 8:20 鞍掛トンネル登山口 8:35−9:00 鞍掛峠 9:10−10:35 鈴北岳 10:40−11:30 御池岳 12:10−
 12:50 西のボタンブチ 13:30−13:50 鈴北岳 14:05−15:05 鞍掛峠−15:30 鞍掛トンネル登山口 15:40−
16:05 多賀町役場 16:15−17:20 名阪上柘植IC 17:30−18:30 近鉄平端駅


今期、花チームの最初の山行となり、鈴鹿山系、御池岳に福寿草を見に行きました。
近鉄平端駅に午前6時に集合という事で、5時半に家を出て集合場所に向かいました。

朝の早い時間で東の空から太陽が昇り始め、今日はいい天気になりそうだと思いながら 京奈和道路を北に走っていました。
約20分で駅前につくと、おむ コロさんが来られていました。集合時間には全員が揃い御池岳に向けて出発!

名阪国道も空いていて気持ち良く走って、上柘植ICから一般道に入りました。
この道は3年間滋賀に居た時に通った道で、農道や県道を通り日野町のコンビニでトイレ休憩と食べ物の買出しをしました。
山の中を走っている時は、桜はまだ 蕾でしたが、市内に入ると五分咲きとなっていました。
でも、奈良と比べるとやはり遅いのだなあと思い彦根市方面に向けて走り出しました。30分程で多賀町 役場の駐車場に着き、
最後のトイレ休憩を済ませました。

山の格好をされた方が集合されていて、後ろでは昨夜テントを張っていたのだろうと思われる5〜6人 の方が片付けをしていました。
この場所は御池岳に近く、駐車場の片隅にテントを張って一晩過ごす方が多いようです。

トイレもあるし、水場もあるので安心して寝れるようです。
ここから登山口まで20分の道のりで、国道306号線を三重県の県境まで登ります。
鞍掛トンネルが見え手前左側に駐車場があり、先客の車の横に駐車しました。

5人グループで三重県ナンバーの車でした。私達も車を降りて登山準備をして、地形図とコンパスで第一目的の鞍掛峠に合わしました。
2人の方が地形図を持っ て来られていなかったので、共同で地形図の合せ方を教えました。

登山口は駐車場の奥になり、いきなりのきつい登りとなります。
6月の清掃登山の時は、入り 口付近で山ヒルが待ち構えていますが、今の時期は安心して登れます。
植林の登山道を抜けると視界が開け、眼下に彦根の町と琵琶湖が遠くに見えました。
直ぐ に鞍掛峠に着き地形図の設定変更をしました。

鞍掛峠で何組かのグループが先に登っていかれました。ここからは自然林の中を歩くので明るい気持ちのいい山道 に変わりました。


春の訪れ

前方にこれから行く鈴北岳が見え、積雪が残っていました。
半分過ぎた頃から雪が残っており、山道もどろどろ状態になった所が何箇所かあり ました。

1,055mのピークで小休止、
前方にはこれから通過する鈴北岳、鈴ヶ岳、左側には藤原岳の鉄塔、後ろは霊仙山、伊吹山と眺めは最高です。

鈴北岳への最後の登りは雪融けの道で急勾配のきつい道でした。
鈴北岳に上がると前方には日本庭園から御池岳が見えました。
広い日本庭園はガスが掛かると迷 いやすいのですが、今日は天気も良く晴れ渡り視界を邪魔するものもありません。

コンパスを合わせ直して御池岳の頂上を目指します。
日本庭園のお池巡りコー スを歩き、雪の上を歩いたりで最後の雪を楽しみながら頂上に着きました。
途中、分岐を間違え頂上と思いきや隣のピークに登ってしまいました。

頂上は狭く風 の当たらない所を探して、昼食を取りました。
ここ3年くらい登っていますが、今日のように穏やかな天気は初めてで、参加者の方達も喜んでいました。

昼食を 済ませ、視界もいいのでコンパスを西のボタンブチに合わせ最短コースで行くことにしました。
途中、雪の斜面では童心に返り敷物を使って雪遊びをする一幕 も。また、鹿の群れ(5〜6頭)に会ったりで楽しみながら進みました。

雪の中を歩いていると深みにはまり、左足を攣ってしまいました。
痙攣があり、持って いた薬を飲んで何とか痙攣を止めて歩き出しました。
先頭のリギさんが福寿草を見つけ声を掛けてくれました。
西のボタンブチの斜面に黄色い花がたくさん咲い ていました。
いつもより花も大きくいっぱいに花びらを広げ、私たちを迎えてくれているようでした。
皆さん思い思いに写真を撮られていました。

時間にして 40分写真に夢中になり時間を忘れて熱中していました。福寿草の前で記念撮影をして鈴北岳に向かいました。

またもや途中で雪の深みにはまり、先ほど攣っていた足を痛めました。
少しじっとしていたら痙攣も治まり鈴北岳に着きました。
後は下山だけですが下りでは足 を痛めていたので、途中でおむコロさんに荷物を分けて持ってもらい下山できました。

登山口に着いた時にはホッとしました。先週、腰を痛めたのが今回の原因だと深く反省しました。
とにかく皆さん無事に下山でき、良かったと思います。

今回、好天に恵まれ福寿草にも会えて皆さんの笑顔が何よりの薬となりました。
おむコロさん、そして参加していただいた皆さんありがとうございました。

帰宅途中の車中では、来年も来たいという声を聞きましたので計画しようと思いました。


文・写真:マックパパ


童心に帰って