奈良山友会 山行の記録

雪山登山バス
八ヶ岳 天狗岳

2008年1月13日・14日

<メンバー>
L.山遊亭軟弱
ころり、山の家 porori、サンキュー、キレイ、ロザリア、おむすびコロリン、
トレモロ、山歩、風、バヤリース、葉月、斑鳩の鹿

<コース・コースタイム>
<13日> 渋の湯登山口12:45ー黒百合ヒュッテ15:00
<14日> ヒュッテ 6:40ー東天狗山頂7:55ーヒュッテ9:05〜10:00ー渋の湯11:25


登山バス発車しま〜す!
山友会では例年1月に雪山登山バスが企画されます。今年は天狗岳、チケットを購入したのは14人。
早朝6時30分郡山三の丸からワイワイ出発します。「奈良山友会」発行のどこにもないステキなチケットです。



中央道に入ってもまるで雪を見ません。この時期いつも少しは凍っている諏訪湖も青い湖のまま…
雪あるの〜?大丈夫です。諏訪ICを下りて湯みち街道に入ると雪も見られ、薄いけれど霧氷も見られるようになります。

渋の湯でバスを降り装備を整え2班に分かれて出発します。
帽子、雨具、ロングスパッツ、手袋、オーバーミトン、ゴーグル、アイゼンなど装着すると誰が誰だ か分かりませんが。(笑)
 
渋川を渡った所が登山口です。清流には大小のつららが寒いぞ〜と言っています。
 
樹林の中は木の根で階段状になっていて所々凍っているようです。少し上ればトレースのある雪道になり雪はしっかり踏まれて歩き易いです。

あまり展望はありませんが、久しぶりの八ヶ岳、雪の白さがまばゆくうれしいです。休憩で腰を下ろして久々の八ヶ岳の雪に触れてみます。
個人的には2006年3月天狗岳を目前に敗退していますから、ずい分ご無沙汰でした。

2時間ほど雪を楽しんで黒百合ヒュッテに到着します。


ヒュッテ前


小屋前に大きな温度計があり−11℃を示していました。
その後夕日が落ちる頃は−16℃、明け方は−18℃になっていました。

すぐにビールで乾杯する人、覗き始めた青い空にカメラを構える人、雪合戦に興じる人、
それぞれ楽しんでいます。日が落ちると極端に寒くなり夕食までの時間ストーブをかこんで団欒です。
部屋にはクラシックな薪ストーブが2台暖かく燃え、そのせいか2階の休む部屋も非常に暖かかったです。

おふとんも一人1枚あり楽々でした。
夕食はメインのハンバーグに煮物、サラダ、佃煮、お漬物、ご飯とお味噌汁はお変わり自由です。
 
翌朝は6時に朝食をいただき、6時40分冬山装備で出発します。ヒュッテからも天狗の山頂が見えましたが、
中山峠まで来るとより厳しい姿です。山頂の雪が風に飛ばされているのがよく見え恐ろしく寒そうです。


東天狗と西天狗

樹林を抜け稜線に出ると俄然風当りが強くなり、厳しい八ヶ岳の冬をひしひしと感じます。
幸運にも途中でご来光に出会いしばらく足を止め、マイナス気温の雪の中で淡いオレンジ色の光にかすかな暖かさを感じ、
揺れる光に山々が息づく様を身震いす る思いで見つめました。

山頂直下は風で雪が飛ばされ岩とアイスバーンになっている所もあり、しっかりアイゼンワークします。
ピッケルを持つ手が凍えてもう感覚がないくらい冷た い、寒い、じゃなく痛いです。頬も目も痛い、でもこの程度でへこたれてはいけません。
もう少し、もう少し、雪の中へ!アルプスの中へ!
 
ヤッホー!やったー!

   
左 山頂から浅間山                  右 南八ヶ岳と南アルプス

全アルプスが目に飛び込んで来ます。
雲の上、遠い槍ヶ岳の先端は小さく空に向って存在を、キリッと南アルプスの主峰、乗鞍、御岳、
目の前に南八つの主稜 線、白く大きな浅間山、キラキラの360度の展望が待っていてくれました。

寒くて長居は出来ないですが、大先輩にこれ程の展望は滅多にないと言わせた大パ ノラマを手早く、出来るだけギュッと胸に詰め込みます。
ヒュッテに戻り小1時間ほど休憩があり、その間に青い空につられてヒュッテ前の小高い丘に一登りします。
上空は風がきついのか、わずかの時間に青空と雲が 交錯します。
ちょうど良い傾斜で滑落停止訓練に適地のようでメンバーの誰か一人訓練していましたが、
下まで落ちたふうでもないのでうまく停止したのでしょ う。


小屋前

下り始めるとお天気も下り坂のようで、ちょうど良いタイミングで山頂に立てたことに改めて感謝します。
人気の山、手軽に雪を楽しめるということでしょうか、多くの登山者に出会いました。
帰路は連休にも関わらず高速道をスムースに走り予定通り郡山に帰り着きます。
 
今年も雪山バスで幸先の良いスタートになりました。
この1年どうぞ素適な山、雪、花、友にめぐり会えますように〜。

 
文・写真:porori  写真:トレモロ