奈良山友会 山行の記録

三上山
(近江富士)

2008年1月27日 雪のち曇り

<メンバー>
L.マックパパ SL.さよちゃん
ヨーチャン、ミサチャン、花園、紬=体験山行者

<コース・コースタイム>
JR京都駅 9:00−9:27 野洲駅 9:55−山手前 10:02−
  表登山口10:05 −10:20 二腰の岩場 10:50−11:00 割れ岩 11:25−
11:50 三上山頂上(432m) 12:30−13:20 裏登山口 13:25−14:05 野洲駅 14:17−14:42 JR京都


今回、関西の冨士シリーズを計画して一番初めに近江冨士を選びました。
滋賀に居た時にホームグランドにしていた山なので懐かしく思えました。

当日、近鉄八木から電車で京都に向かう途中から、段々と曇りだし西大寺を過ぎると何か白いものがチラチラしだしました(雪)

電車が京都に着く時には本格的な雪になっていました。
天気予報では滋賀県南部は午前中雪ということもあって、覚 悟はしていましたが寒い山行になりました。
京都駅で待ち合わせをして9時発の新快速に乗りました。
野洲駅に着きバスの時間まで、それぞれ身支度をしてバスに乗り込み三上山の麓まで行きました。
辺り一面雪景色の表登山口の鉄の金網を開けて入って行きまし た。(猪除け)

登山道はいきなりの階段で、昨夜からの雪で真っ白になっていました。
妙見堂跡まで登り、衣服調整をして二腰の岩場まで登り、新しい会員と 体験山行の方に3点支持を教え、岩の横歩きをしました。
慣れた方は登りやすい斜面を上まで登っていかれました。
私も慣れた岩場なので中央より登って行きまし たが、朝からの雪で足場が悪く途中で足を滑らし身動き出来なくなりました。

一呼吸おいて何とか上まで登りましたが、無茶をしたと少し反省しました。
30分 程遊び、再び頂上を目指して雪の降る山道を登っていきました。
途中の割れ岩を通り過ぎ、上の出口でザックを置き再度、割れ岩の入り口まで戻りました。
私は 上の出口でカメラを構え参加者の出てくるのを待っていました。
各自、岩場を難なく通りメタボリック症候群の方は居なかったみたいです。

割れ岩を後にして頂上に向かいました。
これからが先ほど岩場で練習した、3点支持の応用で岩場続きの登りとなって行きます。
表登山道は急坂が多いのです が、途中振り返ると琵琶湖が一望でき眺めは最高です。天気のいい時は比良山や大津方面まで見渡せます。
今日も雪の合間に比良山や、琵琶湖の湖面も見えていました。

頂上下では、私たちがバスで向かっている時に歩いていた団体さんに追い着きました。
頂上のお社(三上神社)を拝み昼食の時間を取りました。雪は登っている途中で止み、昼食の時は展望も開けてきました。

下山は裏登山口を下り、途中の滑りやすい所を注意しながら裏登山口までゆっくり下りました。
下山後、バスの時間まで30分あると言うことなの で、野洲駅まで歩くことにしました。
国道8号線を北に歩き出しました。

途中、三上山を見上げ、見事な冨士の姿に参加者の方が、低い山だけど岩場があり、割れ岩 で遊べて良かったと言っていました。

野洲駅まで普通だと30分程で歩けるのですが、ゆっくりおしゃべりしながら50分をかけて歩きました。
駅に付く頃にバスが着いたので同じような時間になり ました。
駅で電車の時間に合わせ、身支度をして14時17分の新快速に乗り込みました。

今回、ホームグランドにしていた三上山に来れた事はとても懐かしく思えました。
そして参加していただいた皆さんも喜んでいただけ、良かったと思います。

体験参加された紬さんもさよちゃんの近所という事もあり、色々と話されていました。
紬さん、山友会の雰囲気が良かったみたいで、入会の意思がありそうです。
これからも関西の冨士シリーズは続けて行きたいと思います。


文・写真:マックパパ 写真:ヨーチャン