奈良山友会 山行の記録

明神平〜池木屋山

2007年12月15日〜16日

<メンバー>
L.山歩 SL.porori
イエティ、おむすびコロリン、風、サンキュー、悠山、リギ、葉月

<コース・コースタイム>
<15日>
桜井駅9:00集合−大又駐車場10:30−明神の滝11:30−テント場12:40〜13:30 →薊岳14:25→テント場15:45      
(16日)
テント場6:45→ 明神岳7:15−笹ヶ峰7:30−千石山8:10−撤退(赤倉山の少し手前)9:10−千石山10:10−
笹ヶ峰10:50−テント場11::25〜55−駐車場13:00 やはた温泉15:30解散



 数年前から、冬のテント泊で行ってみたかった明神平〜池木屋山が、今年ようやく念 願か なって参加出来ることになりました。

<15日>
 桜井駅に集合し、途中のスーパーで買い物を済ませ駐車場に到着した。
天候にも恵まれてラッキーである。昔は山道だった登山道が舗装されて、林道はさらに 長くなっていた。

道中に明神方面の山間に真っ白になった山が見え隠れしている。上は雪が積もっているらしい、霧氷が見られるかもしれないと期待した。

最初に1本(休憩)入れたのは明神滝で、木々の落葉のため滝が良く見える。そして恒例のジャンケン祭りでまたもや盛り上がった。

私は重い気持ちと、重い荷物と、重い足取りを頑張って歩いた。途中、水場で水を調達し、さらにザックが重くなる。
ここまで登ると期待通り霧氷が美しい。薊岳 も白く雪化粧をしている。
10分位でテント場に着いた。明神平は雪で真っ白である。みんなで手際よく2つのテントを設営した。

サブザックを持ち薊岳を 目指して出発!
 風が強くて霧氷の欠片が風に飛ばされて顔が痛い。しかしみんなの足どりは軽くルンルンである。

1時間40分ぐらいで薊岳の狭い山頂に立った。山頂からの眺望はまずまずで北部台高の高見山・大峰山系の大普賢岳等も眺められた。
ティータイムを済ませ テント場に向けて引き返す。

15時45分頃にテント場に戻る。それから荷物をほどいた。
一つのテントで夜食をしたら楽しいので9人みんなが1つのテントに入ってみるが、窮屈であ る。
やはり二グループに分かれることにした。

今夜は鍋である。しかしコンロの火が弱くいくら待っても煮え上がらない。
隣のテントでは早くも食べ始めているが我々グループ4人はお預けをくっている。
(犬 の気持ちが分る様な気がする)

やっとありついた鍋は格別の味で、何回もお代わりをした。鍋を食べつくし19時頃就寝とした。
隣のテントではまだにぎやかな 声がしていた。おむコロさんをはじめ我々グループは、おとなしいものである???
テントの上を冬の強い風がなっている・・・。

<16日>
 朝5時起床、またまたコンロで苦戦し朝食をとる。6時45分、池木屋山へ出発。
雪が少ないので歩き易い。ブナの美しい自然林に霧氷の花が咲いて別世界の ようだ。
笹ヶ峰を通り、千石山の急斜面を下った。


笹ヶ峰を下る

このあたりからは霧氷もなく周りはガスっていて展望も望めない。
池木屋山へ後1時間ぐらいのところで雪が 降ってきた。
リーダーの判断で引き返すことになった。明神平のテント場に戻り、テントを撤収して下山する。
雪や濡れた岩の道は歩きずらく、気をつけなけれ ばいけない。

駐車場に戻り各車でやはた温泉で2日間の疲れをとり、解散。
 池木屋山までは行けなかったが、充実した2日間でした。参加の皆様お疲れ様でした。

文:葉月 写真:porori