奈良山友会 山行の記録

三峰山

2007年11月1日

Lマックパパ SL porori
計16人

<コース・コースタイム>
桜井駅7:00−月出登山口8:40−新道峠9:30−
八丁平 10:25−10:35 三峰山頂上 (1,235.4m) ・昼食11:20−八丁平11:25−ゆりわれ登山口12:20
桜井駅から166号線を走り飯高林道に入り、月出登山口に駐車する。
駐車場は広いが、利用する人は少ない。
ここで賑やかな恒例のじゃんけんが繰り広げられ る。結果、私が選ばれ、憂鬱な面持ちと空模様とが一緒になった。

 今回は、三重県側「月出登山口から登り、ゆりわれコースを降る」周回コースを歩く。

約1時間、ジグザグの杉や桧の針葉樹林の中を歩くと新道峠に出てく る。
ここからは見事な紅葉ショーの始まり、山道に落ちた葉っぱも錦の絨緞です。

「キレェ〜」と感嘆の言葉があちらこちらから聞こえくる。
時折、ヒラヒラと 舞い落ちる黄葉が額にかかる様も何とも言えぬ心地よさである。
三峰山と言えば冬の「樹氷」が有名、こんなにも美しい秋の光景が目に入ってくるとは思いもし なかった。

朝が早かったこともあって10時40分に昼食、お腹の方もグーグー。
風の強い八丁平を抜け、ゆりわれ登山口へと下山する。
八丁平周辺はシロヤシオ・アセビ の群生地、春は花盛りでさぞかし綺麗だろうな。

ゆりわれコースは、最近できた登山道なのか、切り倒した株や石が点在しており少し歩きづらいが、
雑木林の紅 葉や展望は見事である。

賑やかに、そしてゆっくりと12時20分に下山。
帰りに国の天然記念物に指定されている【月出の中央構造線】露頭を見学。
恐竜時代 からの大断層で、九州から関東方面まで延びている。
私には左右の土色が違うぐらいでよく分からなかった。

今日はリーダーの暖かい配慮のおかげで楽しい一日でした。ありがとうございました。


文・ルート図:Sayochan 写真:マックパパ