奈良山友会 山行の記録

南アルプス
聖 岳

2007年9月21日〜21日

<メンバー>
L.Mt富士、軟弱、porori、pike

<コース・コースタイム>
<9/22> 易老渡 7:35 〜 西沢渡 8:50 〜 薊畑 14:08 〜 聖平テン場 15:00
<9/23> テン場 5:00 〜 薊畑 5:25〜 小聖岳 6:20 〜 聖岳 7:27 〜 テン場 9:30 〜 上河内岳 13:07 〜 茶臼小屋テン場 14:51
<9/24> テン場 5:33 〜 茶臼岳 6:20 〜 易老岳 8:36 〜 易老渡11:20


9/21 20時にいつもの所で待ち合わせて出発する。今 回は天気に恵めれそうだ。

翌朝、飯田インターを降り易老渡を目指すが、県道からの分岐の看板をもう少しで通り過ぎるところだったが引き返して更に奥地へ向かい、約1時間30分ほどで易老渡に着いた。
 
身支度を整えて出発、途中の西沢渡で野猿(荷渡し籠)を楽しんで更に進む。



これから先は見通しのあまりきかない山道をひたすら上り、峠の薊畑までは6時間30分で到着した。
薊畑は名前の通りあたり一面アザミだらけの峠で、あいにく枯れていたが花の季節には見ごたえがありそうだ。
さらに木道を歩いてすぐ聖平 小屋はあり、トイレは水洗で快適なテン場だった。


 9/23 4時起 床、朝食を済ませサブザックで聖岳に向かう。
森林限界を超えると南アルプス最南端の 3,000m峰聖岳が顔を出した。

左右の斜面は深く切 れ落ちておりやはり南アルプスの山はデッカイ。
約2時間30分で山頂に着き、360度のパノラマを満喫 することが出来た。

  テン場に引き返しテントを撤収、上河内岳を目指した。南岳を抜け上河内岳への道程は、アルプスらしい這松の風景と背後の聖岳が最高の眺望ですばらしかっ た。
上河内岳からは緩やかな下りの中で、奇岩竹内門、亀甲浄土などを楽しみながら茶臼小屋へ到着した。
この二つの小屋は本日までの営業で、ぎりぎりのとこ ろで山でビールが飲める幸せを味わった。(ジュースはありません!)

  


9/24 やはり4時起床、夜中に雨の音で目を覚ましたが朝には止んでいた。
この時期、富士山頂上からの日の出となるダイヤモンド富士が見えるらしいの だが雲に隠れてそれは望めない。
しかし雲海に浮かぶ富士山のシルエットがすばらしい景色をかもし出していた。

最終日、テントを撤収し2時間あまりの易老岳までの雲上散歩を楽しんだ。
易老岳からの雲海に浮かぶ聖岳に別れを惜しんで下界の人となった

 

文・写真:Mt.冨士