奈良山友会 山行の記録

台高山脈
明神平〜薊岳・桧塚

2007年2月24日〜25日 曇り

 
          あしび山荘                      奥峰から展望   
<メンバー>
L.porori SL.山歩 きのこ リギ

<コース・コースタイム>
<24日> 大又P10:25―明神平―12:17/12:50―薊岳14:05―明神平15:15
<25日> 明神平7:08―桧塚奥峰8:30―桧塚8:57―明神平11:25/12:00―大股林道P13:15


寒いのは苦手なほうですが、一度は雪まみれになって山を歩いてみたい。
今年は暖冬で山に雪が少ないうえに、連日の暖かさで明神平も例外ではないだろう皆 思っていた。
桜井駅に集合し、近くのスーパーで鍋用の食材を買って大又へ車を走らせる。
やはた温泉を過ぎ林道駐車場近くまでくると前方の明神平方面の山の 上部が白く見えてきた。
「ヤッ、雪や〜!」と歓声があがる。あまり期待してなかったので皆で大喜びです。

10:25身支度をして曇天の中を出発します。
テント泊なのでザックは大きいですが、ゆっくり歩いても2時間はかからないと思うので焦らず慎重に沢を 渡って行く。
まったく雪のかけらもない登山道を上がって行くと明神滝に出る。
滝の周りは凍っていましたが、雪もなく緑も紅葉の引き立て役ももちろんなくて 寒々そうです。
滝からしばらく上がると木に白い花が咲いたように霧氷が着いている。
白いサクラが満開したかのようなふわっとした霧氷に感激です。
地面は冬 枯れの落ち葉の道なのに、なんとも言えないこの白い空間、時折差し込んでくる日差しにキラキラと美しい。

 明神平の少し手前で水を汲み、12:17に到着でヤレヤレ重たいザックを下ろせます。
風の当たらない所にテントを設営してから昼食を済ませ身軽になっ て薊岳へ行きます。
ぬかるんだ道が凍ってガチガチに硬く歩きにくい。足元の小さな草木にも霧氷が着いていて、気温の低さを感じます。
前山あたりまでは風も なくのんびりと霧氷の風景をカメラに収めながら歩く。
前山へ上がって行くと明神岳、桧塚奥峰の山がうっすらと白く装い、どっしりと近くに感じて見えます。
尾根に出ると北西からの風が強くとても寒い。顔は冷たさで痛く右半身は風を受けて冷え切っている。
この強い風に落ちた霧氷が足元を白くしている。薊岳山頂 近くで一部凍った所はありましたが、尾根上で雪は見かけませんでした。
山頂からは明神平、国見山方面と木ノ実ヤ塚方面の山並みが美しい。
充分堪能してから 同じ道を寒さから逃れるように一気に前山まで歩いた。
前山まで来ると風もなくほっとして明日への期待を話しながらテント場へ。

25日 Lの「キャー、えっ〜!」の声で霧氷が無残にも落ちてしまったことを知る。昨日はラッキーだったねと皆でなっとく。
メンバー4人でゆったりと、パ ンとコーヒーにフルーツで朝食を済ませ7時過ぎに桧塚へと出発です。
すっかり霧氷の落ちてしまった台高の縦走路から東側のブナ林斜面に雪が残っていた。
わ ずかに残っていた硬い雪の上をガサガサと歩く。曇っていましたが風もなく周りの山はきれいに見えます。
木梶山、高見山方面、いつ見ても気持ちよく伸びてい る千秋峰に雪がないのは寂しい思いでしたが静かな山を楽しむことが出来ました。

 帰りは時間に余裕があったので、桧塚奥峰から目の前に見えた、
笹の大地状になっている気持ち良さそうな所へ行ってみようと谷へ降りて行った。
そこは湿原 になっていてきれいな水も流れています。地図で見るとヌタハラ谷の源頭に近いようです。
春にはシロヤシオやシャクナゲも咲いて良いだろうなと想像しながら 穴場を発見したような気分だった。
笹の大地へ上がり、元の道と合流して明神平へと戻ります。明神平には、何組かのグループが上がってきました。
大きなカメ ラを下げた人もいます。「昨日は霧氷できれいだったですよ」と教えると残念がっていた。
私達は運よく霧氷に出合えてほんとうに良かったと思う。
上がってく る人たちと交代にテントを撤収し、昼食にパンやラーメンを食べて12時に明神平を後にしました。



あしび山荘


  
 写真右から 千秋峰 桧塚奥峰 明神平手前

  
   写真右から 薊から 薊岳 薊山頂から国見


文・写真:
リギ