奈良山友会 山行の記録

お気軽de山行
信州
四阿山・黒斑山
あずまやさん・くろふやま

2007年2月24日〜25日
 


<メンバー>
L.Mt.冨士、山の家、山寺、山遊亭軟弱

<コース・コースタイム>
<2/24> 四阿高原ホテル 7:47 − 四阿山九合目 11:30 − ホテ ル 13:20
<2/25> 車坂峠 6:50 − トーミの頭 8:30− 8:51 黒斑山 9:10 − 車坂峠 10:33

天気予報によると、今期2連敗のリーダーの山行にもかかわらず、2日間とも晴れとのこ と。眉唾しながら車を走らせる。
 24日は時間のかかる四阿山を先に片付けて、黒斑山を25日に登る予定に変更。

ところが、朝、駐車場に着いたらのっけから雪と風がひゅ〜〜〜。やっぱりとか言いながら サブザックでホテルの駐車場を出発。

雑木林を抜けると牧場の 横をまっすぐ登ってゆく。思いっきり強い風が左方向(北西)から吹き付ける。
牧場なので吹きっさらしで、暖かな冬を過ごしてきた身にはこたえる。

途中、でっ かい道標を見逃すというハプニングもあったが、とにかくルート通りに登ってゆく。
トレースはあるが風が強いので少し時間が経つと消えてしまいそう。雪は 50〜60cm程度で、かなり少ないようだ。

とにかくダラダラとまっすぐ登る道である。テープ類が少ないので帰りのルートが少し不安なところがある。
樹林 帯から少しの急登で稜線に上がったとたん、また風。当然展望はゼロ。

九合目まできたところで、撤退を決める。下りは少しの間アイゼンを付けた。
降り始めてスキーツアーのパーティとすれ違うが、彼らは別のルートのようだ。

この後も5〜6の山スキーのパーティとすれ違ったが、スキーを履いていないのは結局私たちだけだった。
翌日、黒斑山から見てよく分かったのだが、立派な山 容で長い稜線をのばした、スキーツアーのメッカらしかった。
とにかく降りの長いこと。うんざりした。
下山後、車坂峠に移動し、スキー場の駐車場でテントを張る。

25日
今日こそ、本当のピーカン。2,000mの登山口にはホテルがあり、下から見ると絶壁に建っているように見える。
登山口からトレースは しっかり着いており、昨日とはだいぶ違う。
黒斑山の登山道は昨日と違って、傾斜がかなり急で、時間は短いが結構しんどい。

登るに従って展望が開け、まず 八ヶ岳連峰、御岳、富士山、北アルプス連峰、北岳と広がってきて、
特に北アルプスは白馬から乗鞍岳まで一列に並び素晴らしいの一言。

トーミの頭からは浅間 山が目の前で、冬の浅間に定番の縦縞もバッチリついており思わず「すご〜〜い」。

すぐ黒斑山山頂、風もなくゆっくりと浅間山を眺めながら時間を使った。
下山して、ホテルで入浴。お風呂とレストランから富士山が眺められ、これ以上ないような山行の締めくくりでした。

浅間山 富士山


文・写真:山遊亭軟弱