奈良山友会 山行の記録

運 良く雪景色が楽しめた
比叡山


2007年2月4日



<メンバー>
L.TAKACHAN  SL.ロザリア 他6人

<参考時間>
修学院駅9:00−登山口9:20−水飲対陣之跡碑10:10−
ケーブル駅11:00−12:00山頂(昼食)12:50−坂本(日吉大社)15:00


修学院の駅から白川通りを横切り、川沿いに京都らしい道をしばらく行くと登山口。
ここからが雲母坂で予想以上の急登。少し汗ばみながら登っていくと雪がちらほら残っている。
一昨日の雪だ。それまでは、雪は皆無だったので諦めていたが、上では少しは雪景色が期待できるかも・・

ケーブルの駅に着いたときには、日当たりの悪い所では、結構雪景色が楽しめる程に。しか も粉雪っぽいので、足音がキュッキュッとして気持ち良い。
山頂がどこにあるかがわかりにくく、捜しながら歩くこと1時間で、やっぱりその辺で一番高そうな所にひっそりと一等三角点があった。

山頂から少し下りた所 にある日当たりの良い駐車場で、のんびりと昼食。

山頂付近では、鞍馬の方の山々から大原の里、白い雪を被った比良山、そして青い琵琶湖がパノラマの様に見渡せる。

展望を楽しんだら、延暦寺詣で。小生にとっては初詣。根本中堂を外から覗き込みながら、一部の人のお賽銭でみんなが願い事を・・

あとは、急な凸凹の坂道を一路、坂本を目指す。見る見る琵琶湖が近くなって、日吉大社の横に出る。
この近くの有名なソバ屋に寄って、ソバで乾杯!

とにかく雪の珍しい今年に、少しだけでも雪景色が楽しめたのは良かった。
また、2月とは思えない穏やかな日で、実にのんびりとしたハイキングが楽しめた一日だった。

 

こ んな感じの雪景色                                                 雪の比良山
 

大原の里の向こうに比良山を 望む                                                     根本中堂    
 

文・写真: TAKACHAN