奈良山友会 山行の記録

鈴鹿
竜ヶ岳

2006年12月10日 晴れ時々曇り


<メンバー>
L.円の亡者 他9人

  <コース・コースタイム>
宇賀渓キャンプ村 9:15−ホタガ谷道分岐 9:50−竜ヶ岳(1,099.6m) 12:00−
重ね岩 12:40−石 槫峠 13:40−小峠 13:50−宇賀渓キャンプ村 15:40

 
集合場所に2台いるはずの車が1台しかない!? もう一つの集合場所では「なんでおる ん?」だったとか。
急遽予定変更し、無事合流そんなハプニングで始まった竜ヶ岳山行。

登山口のある宇賀渓キャンプ村は季節外れのため閑散としていて、寂しい雰囲気。
キャンプ村を通り抜け、30分ほど林道を行くと東屋があり、ここからホタガ谷道へ取り付ます。

暫くは杉林の急な登山道が続き、やがて谷沿いに細い山腹道や古い丸木橋を渡るようになります。



谷の水量が少なくなり、回りの木々もまばらになると、徐々に 展望が開けてきます。



雨あがりの晴天の中、伊勢湾や名古屋 市内まで一望できます。熊笹の急登をがんばると、藤原岳や 御池岳が目の前に姿を現します。
竜ヶ岳への道が笹原の中に伸びていて、とても気持ちのよい風景なのですが、冷たい風が容赦なく吹き付け、曇天がちに…



竜ヶ岳山頂は展望はあるものの風が強く、寒くて御飯所ではない。
集合写真もそこそこに風の避けられる場所を求めて石槫峠へ向け進みます。
道は尾根道から急 な山道になり一気に下って30分ほどで重ね石へ到着。



メンバーは石の上に立ち思い思いのポーズをとって楽しんでいます。 更に下るとようやく風の当たらない広い場所が現れ、少し遅いランチタイムです。

溝のできた歩きにくい道を下って行くと石槫峠に到着。小峠までは10分ほど車道を歩きます。

小峠から再び谷沿いの山道へ。昨日の雨の影響か徒渉するにはやや水量が多くて大騒ぎ。
道も滑りやすく長尾滝への巻き道と垂直梯子にはちょっと緊張します。



長尾滝を過ぎると山腹道になり、五階滝を横切り、最後の滝、魚止滝につきます。 橋を渡り10分ほど山道を行くと、ホタガ谷道への分岐点にあった東屋に到着。
鈴鹿の山らしい、変化にとんだ登山道で、雄大な景色と美しい渓谷美を堪能できた山行でした。


文・写真:やまねこ