奈良山友会 山行の記録

馬 ノ鞍峰

2006年11月14日



 <メンバー>
L.円の亡者 SL.山の家
他9人

<コース・コースタイム>
三の公林道終点8:40―行宮跡9:45―かくし平9:55―11:08馬ノ鞍峰(1,177.8m)11:40―明神滝1:20/1:45―三の公林道 終点2:15

 

   台高山脈の池木屋岳と大台ケ原の中間にある馬ノ鞍峰 は、初めての山行で楽しみにしていました。
車2台、杉の湯で集合して入の波から三の公川に沿って明神出合まで車で入ります。

川沿いの道は対岸の木々が紅葉 の盛りで美しい景色を見せてくれます。     

 林道終点のコンクリートの階段から歩 き始めます。明 神谷を進みます。
木の梯子が何箇所かありますが、湿っていて滑りやすく慎重に歩きます。
はるか下の方に滝が数箇所で見られて夏には沢登りをするのに、好適 な場所のように思われます。

行宮跡やかくし平 なんだか神秘的なところです。

 紅葉と岩に張り付く苔、ほう葉を始め とする落ち葉のじゅうたん、ブナやヒメシャラの木肌、素晴らしい景色です。

落ち葉の急な傾斜をどんどん登っていくと稜 線に出ます。景色が一変して紅葉の自然林です。

しかし霰や雪が降り出し、風が強く真冬の世界で す。吹き溜まりに白い雪が見られます。

  

その頃から 一人のメンバーが足の痛みを訴えて、遅れだします。
山頂で風の当たらない平らな所を探しますが見つから ず、滑りそうな格好で昼食を食べます。

皆あるだけの服を着ますが寒くて、丸まって凍えながらの食事となりました。

下りは、皆寒いのですごい勢いで下っていきます。

足の痛みの人に2人が付き添い、残りは明神の滝で ゆっくり時間をつぶして下りました。



下で皆心配しながら待つ事2時間あまり時4半ご ろ、 日暮れに何とか間に合って下りてこられました。
どうやら痛風の初めての発作だろうと言う事です。
「痛風同好会」が出来たと喜んでいる人がいました。お大事にし てください。

文・写真:クー