奈良山友会 山行の記録

南アルプス
仙丈ヶ岳・アサヨ峰

2006年10月14日〜15日


アサヨから北岳

<メンバー>
山遊亭軟弱

<コース・コースタイム>
10/14 北沢駒仙小屋テント場7:17 − 小仙丈岳9:50 − 仙丈ヶ岳11:21-12:24 − テント場
10/15 テント場5:34 − 仙水峠6:25 − 栗沢山7:397:49 − アサヨ峰8:308:45 − 栗沢山9:21 − テント場10:35


大好きな仙丈ヶ岳と、南アルプスの展望台アサヨ峰に行ってきました。

10月14日
仙流荘の駐車場は朝起きたらほぼ一杯。客が多いので、一番のバスが予定より30分近く早く出発。
融通の利くところ長谷 村は商売上手である。天気はまあまあ、山の上は晴れている。

紅葉は北沢峠より少し下まで来ている。
バスを降りてすぐテント場へ。北沢長衛小屋のテント場、 今は北沢駒仙小屋と言うらしいが、
久しぶりのエスパーステント(20年くらい前のものなので他ではほとんど見たことがない)を張る。

到着したときは5〜6 張りだったが、どんどん増えそうな感じ。この時点では小仙丈岳はよく見えていた。
サブザックに食料雨具等を詰めて小仙丈岳を目指す。

高度を上げるに従ってガ スってきて、大滝の頭辺りからは見通しが悪くなる。
それでも小仙丈岳からは仙丈カールや北岳が見える。天気は悪くないのでのんびり登るが仙丈ヶ岳頂上もやは りガス。

昼寝をしてから馬の背方面に降りると、初めて見る大きな屋根の立派な仙丈小屋がガスの中に現れる。

紅葉の中を藪沢に沿って下り林道に降りる手前 で、目の前の双児山の中腹がきれいに紅葉していた。

10月15日
バスの時間を考え6時前、仙水峠に向かって出発。
暗いうちから沢山の人が歩いている。昨日は期待と違ってガスがかかってしまったが、今日は雲一つ無い文 字どおりのピーカンになりそう。

仙水峠からほとんどの人は甲斐駒に向かうが、こちらは右方向の栗沢山に向かい、見あげるような直登にかかる。
途中、カメラ を持った方が甲斐駒にレンズを向けている。振り返ると目の前に大きく甲斐駒が立ち上がっていて大迫力。

かかっていたガスも晴れて丸見え。これなら写真を撮 るには絶好の場所だなと思う。
栗沢山からは仙丈ヶ岳、北岳、北・中央アルプス、八ヶ岳と充分な展望が楽しめた。
北アルプスは真っ白でした。さて、とりあえず 今回の目標であるすぐ目の前のアサヨ峰に向かう。
これが岩場の縦走で危険ではないが結構面白い。

小1時間で到着すると7〜8人の方が休憩されている。早川 小屋方面から来られたようだ。
アサヨ峰からはまさに360°の展望で栗沢山からの展望に加え、富士山、広河原もよく見える。何の文句もありません。

あとで 聞くと300名山らしい。何百名山に興味は全くないが、この展望なら成る程と納得。
再び栗沢山へ戻り今度は直接北沢テント場へ下るコースを取る。

バスの時 間にはまだ少しあるので、テントを撤収してから少し昼寝。バス停に行くと臨時が1時間早く出るとのこと。
ほんまに長谷村は商売上手。お客が便利なように動 いてくれます。

アサヨから富士山 アサヨから三山
甲斐駒 仙水峠


文・写真:山遊亭軟弱