奈良山友会 山行の記録

渓谷・奇岩の地を歩く
鎌倉峡 ・ 百丈岩
― ゆとりある行程、満腹の昼食、ヒヤリとした峡谷と山頂 ―

2006年9月30日

L.山歩  他5人
 <コース・コースタイム>
JR大阪駅 8:00 ―道場駅 9:00 ―平田配水場 10:00 ― 鎌倉峡出合―百丈河原 11:50 ―昼食 11:50〜13:30 ―
百丈岩 13:50 ―道場駅 15:20 ―京橋 16:30頃


 何よりの快晴。JR大阪駅より乗車。乗客は意外に少なく座ることができた。道場駅に着く。ここは無人駅。

いろいろな乗客がいると思うが、私たちは、山友会のメンバーであることを自覚して、きっちりとカードで支払う。
さあ、出発。少し歩くと武庫川に架けられている橋にたどり着く。上から下をみると、なんと大きな「ナマズ」が悠々と泳いでいる。
他に大きな「鯉」も数匹、小魚もたくさん・・・・・。なごりを惜しみながら前へ前へ。所々見頃の「コスモス」が咲いている。

少しくたびれた? いや、咲き疲れた「彼岸花」も咲いている。人家の少ない田んぼの側を通過。途中で栗の木に出会う。
誰も木から栗を落とそうともせず、落ちている栗の実を拾いながら、平田配水場に着く。

ここまでは道も広いし、平坦な道中でした。今日はラッキーと思ったのもここまででした。いよいよ鎌倉峡へ。
沢筋が続く。滑りやすい岩場が続く。鎖やカスガイ状の鉄骨が打ち込まれ、ロープが張られている。
岩にへばりつきながら・・・・・。やがて茶店にでる。冷たいお茶が売られているが、見向きもせず百丈河原へ。
河原に着く。なんと自動販売機がある。値段も高くない。少し早いが昼食にする。

porori さんのお陰で「すき焼き」の準備が始まる。卵あり、もちろん肉もたっぷりあり。最後にうどんも。食べた、食べた、食べた。
山でこんなにたくさんの昼食を食べたというのは記憶がないぐらいたっぷり食べ、休憩する。

いよいよ出発。目の前に写真の百丈岩がある。「高いなあ・・・、1時間でいけるんかな・・・」。だんだん弱気になってくる。
最初から急な登り坂がずっと続く。しかし、わずか20分位で山頂に着く。上から下を見る。しみじみ勾配の高さを確認する。
ロッククライミングをしている人が見える。展望を楽しみながら少し休憩。

次に「静ガ池」に立ち寄る。なんと人の声が聞こえない。ほんまに、「静かな池」。あとはひたすら下る。

少しずつ人家が見える。田んぼが出現。舗装道路に出る。往路の道に戻る。

帰りも座ることができた。京橋で下車。みんなで駅の近くで軽く反省会。なぜかビールの肴は、野菜・野菜と続く。





文:yone  写真:masa