奈良山友会 山行の記録

一年越しの蝙蝠尾根は素晴らしかった!
塩見岳・蝙蝠岳

2006年8月19日〜22日



<メンバー>
L. 斑鳩の鹿 リギ バヤリース 山寺 ころり
 

昨年、塩見岳に登り始めるとき、左手にすっと伸びる尾根に吸い込まれていきそうになりました。→蝙蝠岳の道標。
名前も聞いた事がない蝙蝠岳。来年はあの蝙蝠尾根を歩きたいと・・・。L福岡さんの話では、最高の尾根らしいですよ… だって!

19日 近鉄筒井駅7:15−鳥倉林道ゲート12:30 登山開始−12:55 −豊山口登山口13:35−三伏峠小屋泊16:30

駅、7時15分。となんと、♫ちゅ〜と半端♩ な 集 合で出発しました。
運転手はパパりん。
昨年、蝙蝠尾根をみて帰った時に、一生に何遍かのお願いで車を出してもらう約束をしました。

小宮さんのナビのお陰で予定通り、迷いもせず ゲートに到着しました。

ゲートの駐車場に一杯の車、きれいなトイレもあります。今日の小屋は混んでいるかも?



林道から登山口までは、舗装がしてあり暑い中歩 くのは大変。段々無口になってくるみなさんです。
バスは伊那大島から一日に2本でています。これを利用するのもいいかもしれません。
(時刻表は、登山口か ら伊那大島駅行です)



カラマツ林の急斜面を登りつめます。1時間位 歩いたら、
地図をみながらナビをしてくれたリギさんが車酔いをしたのか少し休んでから行くとの事で、2グループに分かれました。



マ ルバダケブキのお花畑の中や、苔むしたカラマツ林が続きます。
尾根から山腹に出ると塩川方面が見えました。
昨年あっちから登ったんやと厳しいかった北岳を 思い出しました。
水場でゆっくり休憩していたら、斑鳩の鹿さんとリギさんが登ってきました。
すっかり元気を取りもどして、さすがベテランとみんなで喜びあ いました。



シラビソ林、気持ちのいい森を抜けると小屋です。
早く三伏峠小屋につき、まずはいつもの「お疲れ様!乾杯!!」。
雲の合間から三伏山と本谷山が 見えました。

お酒も入っていい気分で熟睡していましたが、夜中に起きた人が星がきれいと言っていまし た。
明日も晴れるかなぁ〜。

20日 小屋6:00−烏帽子岳6:50(ピストン)−小屋8:00−三伏山8:20−本谷山9:15−塩見小屋泊12:30


小 屋の朝は早い。
私達はゆっくりできるのに、みなさん早くからゴソゴソされるので、 つられて起きてしまいました。
朝食の時、同じ蝙蝠岳に向かう百高山グルー プが、烏帽子岳から小河内岳をピストンすると聞いて、
私達も烏帽子岳まで行ってみようと出発しました。

小屋から10分の所にお花畑があります。
種をばらま いたかようにいろんな花が咲き乱れていました。
マツムシ草の赤ちゃんです。生まれたての赤ちゃんがしっかり手を握っている感じが大好きです。
もうすでに咲 いているマツムシ草は、その可憐な花びらを風にゆれて涼しそうでした。



お花畑から少し登ると烏帽子岳が見えてきます。ハイマツとナナカマドの急な稜線を登 りきると烏帽子岳です。
頂上は、富士山と塩見岳が形よく見えます。目の前に小河内岳に伸びる尾根が綺麗で、荒川三山に続きます。
来年はあそこに行こうと 言ったら、鹿さんが「またや〜。やっと執行猶予が解けたと思うたのに〜」と・・・。



頂上でゆっくりして満足して、小屋まで戻りまし た。
今日は時間があるのでゆっくりしようと思っていましたら、
小屋の方に昼から雨です よと言われ慌てて塩見小屋に向かいました。

本谷山の鞍部まで下り、マルバダケブキのお花畑の中をいくと本谷山です。
フキの花は終わりかけていましたが、黄色い花が一面に 咲いていて見事です。
木々の間から時々塩見岳が見えます。



あっと言う間に小屋に着きました。小屋の前から 塩見岳と天狗岩が眺められます。
早 く着いたので小屋前で山を眺望しながら贅沢な昼食です。すでにアルコールが入っていて、いい気分な方もいました。
予想通り雨が降ってきたので小屋に入り飲 み直しです。
こうなったら昼寝するか、飲むかしかありません。百高山グループは、雨に降られて大変だったらしいです。
私達は、よかった!! 夕食後は天気に なり、塩見岳が眺望できました。

21日 小屋4:40−塩見岳西 峰6:00−東峰6:09−分岐6:30−蝙蝠岳8:40−徳右衛門10:35−二軒小屋ロッジ14:30


今日はいよいよあの蝙蝠尾根を歩き、蝙蝠岳を目指します。

昨年の思いを一心にこめて歩きたいです。蝙蝠岳から二軒小屋まで行くといったら、4時に朝食をしてくれ助かりました。

天狗岩までハイマツの中を歩きます。天狗岩を巻くと、そこからは露岩帯なので慎重に登ります。

ガスが出てきたので心配でしたが、塩見岳西・東峰に登ると晴れてきて、荒川三山・仙丈ガ岳・南アルプスが眺望できました。
お花畑を通ると、北俣岳分岐にでます。
チングルマが綿毛になってゆれ秋を感じさせます。ここから延々と尾根が続きます。蝙蝠尾根です。



ずっと向こうまで山々が見えます。右は富士山・奥に妙高、左には中央アルプス・北アルプス槍ヶ岳、
前には蝙蝠岳・南アルプス、後ろには塩見岳と、とっても贅沢な尾根歩きが延々と3時間も続きます。

こんな長い尾根は始めてです。蝙蝠尾根はいいですよと去年教えてもらった方に感謝です。

広いガレキの稜線は濃霧の時登山道が分からなくなるらしくケルンがずっと続きます。歩いても歩いても蝙蝠岳に着けません。
あれが蝙蝠岳と目の前にある頂上を目指して登ってきたのですが、アルプスはそう甘くはない。
少し、左に回りこまなくては頂上に着きません。やっと頂上に着いたら段々ガスがかかってきました。



でも、時々晴れ間から荒川三山が大きく見られました。蝙蝠岳でゆっくりして、6時間の下りが始まります。

360度展望がよかった蝙蝠尾根とは正反対でここからは、ハイマツ・シラビソの樹林帯です。
また違った雰囲気で、きれいな緑の中を歩くのを楽しみました。でも、2時間も歩くとちょっと疲れました。

ここから道標がなくテープと薄くなったペンキを頼りです。樹林帯の中で昼食を取りました。
疲れてアルファイ米は喉が通らないので、お茶をいれお粥状態にしてとにかく食べました。

シラビソ・ツガの樹林帯が続きます。
このあたりで二軒小屋から登ってきた方に小屋のビールは350円ですよと聞いたとたん、足が速くなります。
L.は、水を飲まないでうがいをして小屋までしんぼうです。



立派な苔・かわいいシラビソの稚樹・おとぎの国にいるようなきのこが一杯ででうれしくなります。
この森は大きくどっしりして生きているって感じがしました。
中部電力管理棟の長い階段あたりでやっと→二軒小屋ロッジ
の道標が出てきてやれやれ!トンネル手前のつり橋をわたったら直ぐにダムに出て、

二軒小屋ロッジです。二軒小屋ロッジはお洒落なスイス風の建物です。



行程は無事終了しました。

予定より早く着き、天候も良く、みんな元気で最高の登山でした。
3時まで部屋に入れないので、テラスに荷物を置いて、まずは広い庭で乾杯です!!
350円だから一杯飲めると喜んだみなさん、すっかり出来上がってしまいました。

部屋は綺麗です。4人用の2段ベッドです。リギさんと2人だったので、
ザックから荷物を全部だし整理しました。4時から風呂に入れます。
大きなお風呂でリギさんと2人です。
後から2人入ってきましたが、ゆっくり入れました。

夕食はすごく沢山あり、食べきれない程でした。

山と天気と友に満足した私達5人はすっかり出来上がってしまい、大騒ぎをして楽しい一時を過ごしました。
バヤリースさんも・・・。
後は、どうなったかわかりません。とにかく楽しかった!!
 

22日  二軒小屋ロッジ−椹島ロッジ−畑薙第−ダム−静岡駅(タクシー)

 ロッジの朝食も美味しく、沢山いただきました。コーヒーもサービスでテラスでのんびりと頂きました。
山寺さんは物思いにふけて、静かにコーヒーを飲んでいました。

ロッジは高いと評判ですが、綺麗な部屋と美味しいお料理と風呂と畑薙までのバスが無料となり、
これだったら安いとみんな大喜び。


 北俣分岐から見たあのすっと伸びる尾根。蝙蝠岳に行きたい!来年はここにしょう!
私の思いを聞いて頂いたL鹿さん、最後まで楽しく元気で歩けたみなさんありがとうございました。

最高に熱い夏の思い出ができました。感謝で一杯です。又、行こうね〜!


文・写真:ころり