奈良山友会 山行の記録

甲斐駒ヶ岳

2006年8月26日〜27日

全員集合な のに何処に行ったの?後3人


<メンバー>
L.ヨーチャン 12人

<コース・コースタイム>
<8/26> 07:30集合 近鉄天理駅 大紀観光マイクロバス
名阪道路〜中央高速〜伊那IC〜戸台口〜村営バス 〜北沢峠 13:30 長衛荘到着


何もすることが無いために、山友会の得意とする前夜祭 となる。
夕方より雨が降り出し、伊那地方は警報が出てい た。

明 日は、どうなるものかと19時就寝となるが、百名程の宿泊のため2階の我々の就寝 場所は、
暑 さと横を向けば目の前に顔・・・イビキ それなりに 寝る。




 頂上に向かって長蛇の列

<8/27>

05:15 出発 雨も無く朝靄の中、樹林帯を登っていく。

06:50 双児山(呼ぶ時は、行司の節を付けてフタゴ〜ヤ マ)

07:40 駒津峰 2,750m

09:30 甲斐駒ケ岳頂上 ガレ場を岩を抱いて頂上に辿り着 く。

10:00 30分程休んで帰路へ向って出発。

11:10 駒津峰〜 12:20仙水峠 14:00北沢峠〜戸台口バスに乗る。

15:00 戸台口から【さくらの湯】温泉@500 スベスベとした美人になりそう な温泉

16:00 温泉を後に天理駅へ向う。

21:15 天理駅到着 お疲れ様でした。

 

3時頃から出発している団体、次々と山に向って いく 方々、我々は朝食弁当を食べ出発する。
樹林帯の中から小鳥のさえずり、雨に打たれた木々のおはようの挨拶を受けて、皆黙々と歩き始め る。


ガスがかかり見え難いが、時々見える山々は又違った 感動を呼び起こさせられた。
岩を抱いて登るガレ場は、長蛇の列となるが、「(混雑時は)こんなもんじゃないよ」とのこと、
頂上の合間には、ガスも切れて、それなりの景色を 眺められた。

前日の雨で、雨具を覚悟していただけに、ガスだけ で青空も有り、まずまずの天候。
リーダーの配慮のおかげで色々な面で助かり、ありがとうございました。


文・写真:sayochan