奈良山友会 山行の記録

例会山行
六甲
杣谷から布引谷
 
2006年7月16日 曇り

<メンバー>
L.TAKACHAN SL.山の家
他8人

<コース・コースタイム>
JR六甲道9:30−カスケードバレイ入り口10:15−杣谷峠−12:20穂高湖(昼食)13:00−シェール道−
14:20布引谷入り口−15:20市ガ原(桜茶屋)−布引貯水池−16:30新神戸駅


 数日前の天気予報では雨予想だったので、「雨でなくて良かった」と思ったものの、 とにかく暑い!
JR六甲道駅に集合したときには既に暑さ本番で、先が思いやられた。

住宅地の中の息の切れる急な上りが終わって、カスケードバレイ入り口に着いた時には、既に汗だくで、みんな登る気を失っていた。
それでも、コンスタントに 吹く心地よい風に励まされて、いよいよ登山開始。
暑い!登りがしんどい!小休止して冷えた茶を飲むと、後で滝の様な汗。
「なんでこんな日に六甲やねん!」 「いやいや、こんな日は近場の山なら、どこでもこんなんや」と自問自答しながらしばらく行くと
今度は、階段の連続。夏の登山が暑かったことを改めて思い出 さされた。

子供たちがカヌーの練習をする穂高湖に着いて昼食。
暑さも少し和らぎ、ほっと一息。食べるだけ食べて喋るだけ喋ったら、元気も回復。
「どうせ、この先登りは殆ど無いはず」と思うと歩く意欲も復活。
とっても雰囲気の良いシェール道を通って布引谷を目指す。

布引谷は、トウェンティクロスとも言われるように、かつては20回も渡渉を繰り返すルートだったらしいが、今では数回川を渡るのみ。少し残念。
しかも、 この頃になると殆ど風も無くなり、蒸されるような暑さが戻ってきた。
空は曇って真っ暗。桜茶屋に着いた時には、雷が鳴り土砂降りの夕立となる。
茶屋前の木 立の下で傘を差して雨宿りをした15分程が印象的。
この時に教えてもらったのが、「公衆便所の近くには、必ずアジサイと南天が植えられている」という法則で あった(ほんまかいな?)。

布引ダムで社会見学をしたあと、二つの滝を見て4時半頃に新神戸駅に到着したときには、
頭の中は、既に三宮での打ち上げの事ばかり・・・・。

結局、酔って神戸から奈良まで帰るのは、結構しんどいことを痛感させられた。 


文・写真:TAKACHAN