奈良山友会 山行の記録

鳳凰三山は鋸岳よりやさしい山?

2006年7月29日〜30日


地蔵岳「オベリスク」

<メンバー>
L.山遊亭軟弱 SL.山の家 斑鳩の鹿、おむすびコロリン、pike
 
<コース・コースタイム>
青木鉱泉08:10-南精進の滝10:00-鳳凰の滝11:55-白糸の滝12:50-鳳凰小屋14:00-05:30-
地蔵岳06:30-賽の河原07:05-観音岳08:40-薬師岳09:15-40 青木鉱泉12:45


  今夏のヤマケイJOYは、「南アルプスの歩き方」。
表紙の門坂姉妹がいかにも「あなたにも行けますよー」って言っているようで。誘われて買ってしまいました。
「この本を手にした人は、今年の夏南アルプスに行く運命にあると。」・・・その通りになってしまいました。

当初、鋸岳に行く予定だったのですが、長梅雨の大雨(長野南部も大きな被害。
中央道でも被害の爪痕がいたるところに見受けられました)
で徒渉もある山行に不安をつのらせていた時に、
軟弱リーダーから「鋸岳方面の情報がないので、安全のため行く先を変えます。」という適切な判断で、
鳳凰三山になりました。
 
 7/28 近鉄平端駅に集合。レンタカーのワンボックスで駒ヶ根SAを目指します。
名阪国道、天理の坂道を上がるころには、今回の山行のテーマソング(東吉野音頭?) もほぼ完成。

駒ヶ根SAでは、おむコロさん差し入れのビールで乾杯。ゆっくり休むことができました。
朝食も24時間開いているSAで食べることができて万全です。

ヤマケイJOYで「鳳凰三山」は、夜叉神峠から薬師岳・観音岳・地蔵岳〜ドンドコ沢〜青木鉱泉というコースの紹介で、
「初心者向けのコースといわれるけれど。何度登っても楽しめるのが、鳳凰山のいいところ」と紹介されています。
このコピーがダメでした。ナメてしまいました。

ドンドコ沢コースは、6時間の急登が続くコースで、
あるwebページには、
「青木鉱泉から直線距離で約5q西に、この沢の源頭となっている地蔵岳、標高2,764mのピークがそびえている。
計算すればドンドコ沢は平均34%の急勾配で流れていることになる。」
また、「青木鉱泉の庭先からドンドコ沢コースは始まる。地蔵岳まで標高差1,700mを一気に登るので、
「ドンドコ沢」は南アルプスで一番ふくらはぎに堪えるコースだといわれている」とも書かれています。
事実かなりの急登で、途中大きな滝がいくつも見られ、
豊富な南アルプス天然水のシャワーが気持ちのいいマイナスイオンを放出し、
疲れを癒してくれますが、なんともハードなコースでした。

幕営した鳳凰小屋のテント場では、山の家さん特製のおいしい「お好み焼きフルコース」を堪能した後、
思い切り寝ることができて快適でした。

朝食は、餅入りスープ。 (このメニューは翌週の「伯耆大山」家族山行で使わせていただきました感謝!)。
三山めぐりでは、地蔵岳直下のザレ場に悩まされながらも登り切り、
聳え立つオベリスクから見た、快晴の中の「甲斐駒ケ岳」「仙丈ケ岳」は見事な眺めでした。

そして地蔵岳から観音岳、薬師岳と奇岩の多い稜線を白根三山「北岳」「間ノ岳」「農鳥岳」を眺めながら、快適に歩くことができました。

また、富士山がきれいな姿を見せてくれました。帰路の「中道コース」も急なキツイ下りでした。
蒸し暑い樹林帯の中を下ると大きな「御座石」。大きな石を支えるように立てかけてあった細い木が笑えました。

青木鉱泉のお風呂は高かった(1,000円)けど、汗だくになった体にはすごく気持ちが良かった。

※斑鳩の鹿さんの健脚には脱帽でした。


文・写真:pike