奈良山友会 山行の記録

耳我山系
読図山行に参加して

 2006年6月18日



参加者10人(内4人 新入会員)

コース
高取山登山口8:50→[596.5mピーク] 9:40→芋峠11:10→竜在峠→細峠13:10
 →竜門岳への分岐14:20→大峠14:50→不動滝バス停15:30

 
ささゆり                    きくらげ
 
  
 新人研修にて「読図山行」があるという。これは嬉しい・・・絶対参加したいと思う。

 平素、地図を持ち歩いているものの、たいして役に立っていない。

 「読図山行」の行き先は「耳我山系」。コース出発地点は「高取山登山口」、
4つのピークと4つの峠越え、「音羽三山」への分岐点「大峠」へ、そして「針道」を歩き、
最終地点「不動滝バス停」(談山神社:多武峰バス停ひとつ手前)へ。

 事前に室内例会にてリーダーより説明がなされ、登山道が載っていない地図が手渡された。
磁針方位約7度、分度器を持ち角度を測り50cm定規にて地図上に線(南北)を数本引く。初めての経験。

6月18日、小雨の中タクシーにて「高取城跡」へ、参加者10人(新入会員4人)。

2チームに別れ、雨具を着用、首からコンパスを下げ手には地図を持ちスタート。

 AM 8:52 「高取山:三等三角点」、1時間も歩くと雨上がる。

事前に知らされたポイント9カ所(例:「ポイント6」=芋峠から、668.5m三角点ピーク ピークで吉野町への分岐を確認して、
コンパスで北東方向登山道確認することAM 11:10)の確認箇所に注意して、地図の等高線にも注意を払い進む。

山アジサイ、ささゆり、ゆきのした、すいかずら等、多種の花を楽しみ、木いちごを味わい、
時には急な登りに苦しみ、時には「これ登山道・・・?」と荒れた道を歩く。

 「大峠」PM2:50に到着すると気持ちがほっとする。
あとは一本道「針道」のみ。

リーダーより「予定時間より遅れている、バスの時間ぎりぎり」と知らされ、慌てて歩行速度を上げる。

PM 3:30「不動滝バス停」到着。バスに乗り込みにぎやかに帰途へ向かう。

 現地にて「コンパスの→方向へ進む方法」も教えて頂き、有意義な山行きとなりました。
有難うございました。

 ちなみに歩いた歩数は21,000歩とか・・・お疲れ様でした。


文・写真:yokko