奈良山友会 山行の記録

北アルプス
涸沢岳

2006年5月2日〜5日


涸沢に向けて

<メンバー>
L. Mt.冨士、山の家

<コース・コースタイム>
<5/3> 上高地7:00→明神8:00→徳沢9:00→横尾10:00→涸沢13:30
<5/4> 涸沢5:20→穂高岳山荘7:20→涸沢岳山頂7:40→涸沢9:40
   撤収→涸沢10:45→横尾12:45→上高地16:00→沢渡16:50
<5/5> 沢渡6:30→奈良着13:15
(コースタイムは記憶ですので正確ではありません)

山友会役員によって約一年間の準備期間を経て計画された春山山行は、
涸沢組と燕組の二班で募集したが涸沢組は実施直前にたったの2人になってしまった。

この際とばかりコースを新穂高〜蒲田富士〜涸沢岳にするか新穂高〜白出沢〜涸沢岳にするか悩んだが、
前日に発生した針ノ木岳雪崩遭難事故を聞いて直ぐに尻尾を巻き上高地往復コースを取ることにした。
とにかく現地は例年に無く雪が多いらしい。

5月2日夜8時、いつもの所で落合い出発した。

翌日の渋滞を避けるため一気に沢渡まで行くことにし高速道路を休憩無しで走行、約5時間30分で現地に到着した。
沢渡駐車場は、山屋さんのテントが幾つかあったが良く空いていた。

5月3日朝4時起床、起床とはいえ小生持参したシュラフは3シーズン用で寒くて寝てられなかったのだ。
(今まではGW期間はこれで充分だった・・今度からは冬用を持ってこよう・・シュラフの中で後悔した。)

身支度をして駐車場横のバス停に直行、バスはGW中のハイシーズンのため5:30より5分おきくらいでピストン運転をしていた。
ほとんど待つまでもなく飛び乗り上高地到着は6:40ほどだった。



岳沢と穂高

ほとんど快晴の上高地を気分良く歩いた。
明神・徳沢・横尾と快調に歩き殆んど夏時間ペースで横尾から先は徐々に雪が深くなっていった。

横尾谷の渓流は雪で覆われ、そこを何度か渡渉する場面があり、
山の家さんの体重に耐えられなかった雪が崩壊し足が渓流に落ちてビショ濡れになってしまった。
瞬時の動きで足の 筋を痛めた彼は、その後ペースダウンすることになった。

本谷出合からのダラダラとした上りは辛かったが、
快晴の空の下で眼前に迫る穂高連峰には大いに感動した。こんな天気に巡り合えたのは何年ぶりだろうか・・。
(山の家さんの定理:雨男X雨男=晴れ男だそうだ。ん〜・・なるほど)

5月4日朝4時起床
以前にも書いたが、今回は着れるものは全部着て寝たが高度が1,500m上がったぶん更に気温が下がり、
殆んど寝られず、朝が待ちどおしかった。

朝食は、もずくスープ+もち2個 チョット少ないか??
5時20分、涸沢岳へ向けて出発、
ザイテングラードは写真では高度差を感じないがかなりの急傾斜で、下を見るとチョット恐いところもあるが無難に踏破、
穂高岳山荘に2時間で到着し、一気に涸沢岳頂上へ向かい7時40分に着いた。



大キレットと槍ヶ岳

狭い頂上は360度の絶景、雑誌で見る景色がアチラにもコチラにも・・ああ最 高!・・ん?
白出沢を単独行者が登ってくる・・やるなァ〜! 
(後で聞くと雪の締まっているうちに登るため午前1時に出発したらしい。)

約30分ほど奥穂高岳山荘でお茶をして下山。

急斜面を下るには既に雪の状態がザラザラになっていて緊張する場面があるが、難なくテント村に到着しテント撤収。
すぐに装備を整えて出発し、今日幕営予定の横尾を抜け上高地、そして沢渡へ到着した。
本日の歩行時間11時間30分は、さすがに疲れた!

沢渡駐車場でテント1泊して翌朝奈良へ帰った。
めったに無い快晴の天気と最高の景色を堪能して思い出に残る良い山行だった。

文・写真:Mt.冨士