奈良山友会 山行の記録

White Xmas in Myoujin

2005年12月24日・25日



<メンバー>
L.porori SL.山歩 悠山

<コース・コースタイム>
大又登山口 11:45→水場 15:40→(引き返して)テント場 16:25
テント場 8:30→明神平 8:55⇔9:15→三塚分岐 9:45→明神岳 10:10→
明神平 11:05→11:25→明神滝 12:45→登山口→13:35


Xmasは明神平でテン泊、冬枯れの池木屋山ピストンもいいなぁ〜。
これを決めたのは11月半ば、まさか12月に大寒波襲来でこんな豪雪に見舞われるなんて予想も出来ず、
うれしい誤算にバンバンザイのpororiの納山は これ以上ない雪との出合い、最高に美しい雪の明神平でした。
池木屋山ピストンなんてとんでもない行程で、トレースの全くない明神岳へのピストンでした。

24日 大又〜明神滝〜水場手前

大又からすでに50cm 以上の雪でした。登山口からこんなに雪多い明神は初めてでうれしいけれど、一抹の不安も過ぎります。
ヘリポートには何台か車が駐車してこの分だとトレース があるからラッキーと出発しますがいくらも行かない内に一人の男性がリタイヤして下りて来ました。
腰まで雪がある〜との事でこれは気合を入れ直さねば、と 背筋を伸ばします。



 最初からかなりの雪は予想していたので無理をせず行ける所まで行こうという位の気持ちでした。
明神滝にも行かないうちに雪は1m近くあり滝も凍りついて いつもの見慣れた滝ではありません。

白い樹林はますます深く、雪で撓む木が白いトンネルを作ります。
 休憩中に下山の男性に出会い「薊岳に行くつもりで30分ほど歩いたが全くトレースがないので下りて来た」とのこと。
「明神平に誰かいますか?」の問いに「誰もいませんよ」
空は完全に雪空です。
 明神に誰もいないとすれば、明日の下山にトレースがなくなる可能性もないとは言えず…。
とりあえずトレースを辿って明神平手前の水場で水を補給します。(水は流れています)
 だんだんトレースが少なくなり、雲行き怪しく、これは朝までにかなり降りそうな気配です。
ふり返り、もしここに何のトレースもないとすれば間違いなく下 ることが出来る?と自問自答します。

 明神平は目前ですが、SL山歩さんと悠山さんと相談の結果、
今日は林の中の安全なところで幕営し明日天気がよければ明神へピストン、悪天候ならば下山し ようと決めます。山歩さんがテント場を物色してくれていました。

静かな雪中のテントは思ったほど寒くはなく、快適で、星★煌くhappy White Xmas★ 
心配した雪も降らず、Xmas eveの夜は深々と更けて…

25日 明神平〜明神岳〜大又

雪にけむる明神平は冷たい眠りからまだ覚めず、何一つ動く物も、音もなく静まり返っています。
誰もいない、しんしんと雪降りつむ広大な明神平はいつもとは全く違う顔をしています。あしび山荘が雪付いて氷の中から顔を出し、
傍らには白く凍りついた1 本の木が凍えています。上空で雲が流れて青い空が覗きます。
白い白い雪の中にみるみるブルーが拡がって明神平の朝です。
ふぅうっーと息づかいが聞こえるような、目覚めの気配が見えるような、ただ、魅入るだけの時間がしばらく、静かに流れて行きます。



き・れ・い・
それ以上の言葉はなくしばらく茫然と立ち尽くして雪を魅入って…

トレースのない雪原は白い雲のようでもあり、いつかどこかで見た真っ白い雲海を見るようでもあり。



我に返って、わかんをつけて明神岳まで行きます。



空は雲一点もなく澄んで淡いブルーからコバルトブルーになり、雪を青く染め、樹氷は輝いて、透き通って、限りなく華やかです。



三人三様のトレースを描いて、白く凍える林を明神岳へと向かいます。
右側(南)は切れ落ちているのでかなり左によって雪と少々格闘します。
大峰山系の展望が開けてきます。水無山、国見山も真っ白です。



氷のオブジェのような真っ白の世界にあとは透ける青い空、雪の花びらがひらひらと、はらはらと落ちてきます。



もう充分、心ゆくまで雪と遊んで明神平に帰りますが、この時間になるとそろそろ人と出会います。
多分この晴天、この雪では年末と言えども家でじっとしてはいられないでしょう、多少でも雪山を知っている人は。

行き違う人の心の中まで見えるみたい。



ブナ林は白いファンタジィ!
氷の世界から下界を見る〜みたいです。(天大小屋横)
ここを行くと氷の世界ですね、間違いなく。怪しく、魅惑の雪にここで完全に魅了されてしまいます。
この輝き、この空は過去の記憶にもない…かも…。

たくさんの人が上ってきたのでもうトレースは充分で思いっきりショートカットして尻セードです。
ワァーイ!!!ワァーイ!!! 雨具破れたらどうしよう〜〜〜エェーイ、また買えばいいやッ〜〜〜
あッと言う間にテントに帰って来ました。



テントを撤収してまだまだ尻セードで遊びます。明神の滝まで雪まみれになって皆、童心に返って遊びます。
これだから雪も水もだぁ〜い好きです。

ヘリポートまで帰ると、雪まみれの車が1台、やっぱり今回テン泊は私達だけだったようです。
新雪の明神平、独り占めでした。


★ happy White Xmas in myoujin ★
                     

文:porori