奈良 山友会 山行の記録

カメの甲羅を 被ったクマさん山行
白倉山
(吉野)

  2005年11月23日(祝)快晴

<メンバー>
L.やまねこ SL.どろんこ
他13人

<コースタイム>
大和上市駅−(バス)−西河 9:30−蜻蛉の滝−聖天の窟−
11:35 間違いの佛ガ峰−休憩ポイント 11:40〜12:15 − 12:38 五社峠−12:55 白倉山頂588m 13:20−
14:24 西河バス停 14:39−(バス)−大和上市

 

ルンルンのピクニック気分で久しぶりのカメさん 山行に参加すると、西河バス停で突然記録係に任命されてビッ クリ。
第1のビューポイント


蜻蛉の滝手前の紅葉

第2のビューポイント


蜻蛉の滝  はまったら冷たそう

第3のビューポイント


聖天の窟  中には人が住んでいた様にちゃぶ台とかがある。

ここからビューポイントは無いのにまか不思議な歩行が続く。
地 図では、次の目的地の佛ガ峰まで尾根道を少し行けば良いだけなのに、道標に従っていけば、随分東の方に下まで下りて登り直し、歩き始めてから約2時間かけ て付いた所に「王峠」、まもなく「佛ガ峰」の看板。でも、これがどう考えても辻褄が合わない。カンカンガクガクの議論の末の結論が「山渓のガイドブックに 書かれているルートは悪路につき廃止され、王峠や佛ガ峰を通らない新ルート(巻き道)が作られた。その後、登った人が間違った所に王峠と佛ガ峰の看板を付 けてしまった」というもの。
途中の道は、多くの木が切り倒され、歩きにくかった。おかげでkさんは今日も幾度も倒れられました。
快晴で気温も高めだが、陽の当たらない所で休憩していると、寒くなる。
第4のビューポイント


白倉山頂 急登を20分程登ると、これは本当の白倉山頂。
高見山や白屋岳、大台方面などが綺麗に見渡せる。

山頂でブドウジュースで乾杯のあと、下山。
匠の村からは車道歩きで14:39西河発のバスに間に合う

バス停付近から見上げる白倉山
 カメさん山行と 甘く見たが、どこを歩いているか分からない し、
結構きつい登りもあるは。でホントはクマさんの山行だった、とか。
締めくくりは、上市駅前の山の写真が飾られた食堂で 乾杯!


文・写真:TAKACHAN